プーアール茶.com

蚊も生きています

チェンライ
タイの東北部のチェンライというところは年中温かくて、
蚊が多くて、宿でもカフェでもレストランでも、常に悩まされる。
昨年はこの辺りの蚊が媒介するデング熱の症状が出て、何日か高熱に苦しんだ。
ところが、現地の人はぜんぜん気にしない様子で、刺されない体質なのかな?と思っていたら、やはりそれも個人によるみたいで、刺される人はよく刺されている。

そんなよく刺される体質の現地人とある日カフェでお茶していたら、蚊が飛んできて腕に止まった。パチッ!と叩いて殺してやったら、「凶暴な人です。」と言うので、こう言い返した。
「タイの人はなぜ蚊を放っておくのですか?気持ち悪いでしょ。みんな家の軒先なんかに水盆を置いて、町じゅうで蚊を飼っているようなものです。」
そしたらひとこと、
「蚊も生きています。」と言われた。

目眩がしたのを覚えている。
いろいろなことがいっぺんにわかって脳が追いつかない。
そうだったのだ。
あらゆる生き物と共存共栄。
タイの東北部の料理は、美味しさを追求することを嫌っている。
たいして美味しくないほうが人の生き方として賢明だから。

西双版納からメコン川を下る方向へラオスを抜けてタイの東北部の町にくると、バスに乗ってたった一日で行ける距離なのに、料理が不味くなる。西双版納のダイ族はランナータイの先祖となる同じ系統の民族で、その料理は特別に美味しいのに、本場であるはずのタイの東北部の料理はそれほどでもない。
手間のかからない料理ばかりで工夫が凝らされていない。
美味しいものの追求に意欲が無いようにも見える。
料理に凝らないだけでなく、食材にもひと手間がない。
例えば、青菜は日が昇る前の芽の柔らかいうちに摘むというようなこだわりはないし、肉にハーブの香りがするように家畜を野山に放つというような付加価値を求めない。
そんなふうにやる気のない人々だから経済発展が遅れるのだ。
と、思っていた。

そうじゃなかった。
おそらく古い仏教の教えなのだろう。
殺生を避けたり質素倹約であろうとする仏教の基本思想は、古い農業から来ていると何かの本で読んだことがある。
メコン川流域で稲作文化をつくった人々。
すべての生き物といっしょに人間も生きていることを忘れないための道徳において、生理的欲求を過剰に刺激して食を欲するのは、つつしむべき下品な行為なのだろう。
美味しすぎない素朴な味を愛するのは、他の生き物にちょっと道を譲って生きる、賢明な生活態度なのだ。

西双版納のダイ族は、経済を追いかける社会となったこの50年くらいの変化に合わせて、料理の技術を向上させ、必要以上に美味しくしてしまったのだろうか。

美味しさは普遍的な価値ではない。
生理的欲求だから古今東西に通用するなんてことはない。
人はサルではない。

今年はお茶の美味しさをちがう角度からみてみる。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

お取り寄せについて

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM