プーアール茶.com

銘茶は美人

易武山のプーアル茶
上海でお客様と交流させてもらった時に、
「なぜ易武山のお茶なのですか?」
という質問に、
「歴史があるから・・・」とか、
「やわらかい風味だから・・・」とか、
「年代モノの実績はすべて易武山・・・」とか、
なんだか歯切れの悪い答えをしてしまった。

「銘茶は美人。」
ずばりこれだった。
美人のどこが良いか、なんて言っても仕方がなかったのだ。
美人は美人。
その価値は、みんなが知っている。

うちの美人姉妹。
【易武古樹青餅2010年プーアル茶】
【丁家老寨青餅2012年プーアル茶】


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM