プーアール茶.com

易昌號大漆樹圓茶04年 その2.

易昌號大漆樹圓茶04年プーアル茶
製造 : 2004年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山麻黒村大漆樹古茶樹
茶廠 : 農家+易武山の工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 上海 密封
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水
蓋碗できっちり淹れる。

お茶の感想:
うまく淹れられない。
ほんとうはもっと美味しいはず。
ここしばらく新茶ばかり飲んでいて、いきなり老茶だったので味わいがわからないのかもしれない。
例えば映画は、しばらく観ないとすっと入れなくなる。何本か続けて観たらその味わい方みたいなのがわかってきて、どんどん面白くなる。
でも、やっぱり自信がなくなったので「おすすめ」の表示を外した。

ひとりごと:
人前で裸になるパフォーマンスをしていた純粋なアーティストの人が、あるとき裸というのが意図しているのとはちがう印象を観客に与えていたことに気がついて、辛かったと話されていた。
アートといえどもひとりよがりの表現は成立しない。
相手のどこに性感帯があって、どんな刺激を与えたらどんな快感や感情が生まれるのかを研究しないといけない。
そういえば、古い木造建築はどう見えるかに合わせてつくってあって、寸法がくるうことは許していたらしい。逆に言うと寸法を曲げてでも人の見え方(つまり自然)に従ったということか。
新鮮な鰯の煮たやつとウィスキー
新鮮な鰯の煮たやつとウィスキー。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM