プーアール茶.com

92紅帯青餅プーアル茶 その1.

92紅帯青餅プーアル茶
製造 : 1992年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山麻黒村古茶樹
茶廠 : 西双版納孟海茶廠(国営時代)
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 香港ー広州ー上海 紙包+竹包み
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水
蓋碗できっちり淹れる。

お茶の感想:
ワインがわからなくなったらボルドーに戻る。
プーアール茶がわからなくなったら国営時代の茶号の青餅(生茶)に戻る。
と、言えるのかな。
(ちなみにこのお茶には茶号がついていないが「7532」がベースの特別バージョンになる。)
湯を注いだ瞬間に「茶気」があふれだす。
蓋碗から昇る香りには、一瞬で引き込んで巻きこんでどこかへ連れて行ってしまう力がある。
冷静さを失って客観的な評価なんてできないのだけれど、ひと息ついて、冷めた眼で見ても、焦げはあるし煙燻香はあるし、けっしてキレイにはつくられていない。
しかし、そんな部分的なところなんて意味が無いのだ。
完成しているものにおいてはすべての部分がそのままで美しくて愛しい。
【92紅帯青餅プーアル茶】

ひとりごと:
92紅帯青餅プーアル茶
お菓子もいらない、酒もいらない、しばらくひとりにさせてくれ、という感じ。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM