プーアール茶.com

92紅帯青餅プーアル茶 その2.

92紅帯青餅プーアル茶
製造 : 1992年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山麻黒村古茶樹
茶廠 : 西双版納孟海茶廠(国営時代)
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 香港ー広州ー上海 紙包+竹包み
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水
蓋碗できっちり淹れる。(右のほうのお茶)

お茶の感想:
茗荷、山椒、芹(セリ)、三つ葉 。
独特の芳香をもつ薬味がこのお茶に効いている。
今年の『易武山落水洞の散茶』の香りにちょっと似ているような気がする。
1992年は、西双版納ではまだ国営の孟海茶廠しか餅茶の製造ができないことになっていたから、孟海茶廠の名前で出品という形になるが、茶商が原料の茶葉を集めて圧延加工を依頼したオリジナル品がボツボツ出てきた時期なので、おそらくそのひとつなのだろう。早春の一芽二葉くらいの若くてまだ小さな茶葉だけを摘む仕事は、メーカーの定番品ではぜったいにしないコストの掛け方。
説明文をいまいちど読み返してみると、香港の茶商がヨーロッパ向けに売るつもりだったのかもしれないが、情勢が変わったのか、当時プーアール茶が流行していた台湾へと流れている。
ヨーロッパ人に紅茶扱いされてポットで煮出して飲まれてはこのお茶の個性は光らないから、蓋碗で飲まれる地域へ流れて良かった。

ひとりごと:
僕は老茶のベタなファンでもある。
92紅帯青餅プーアル茶


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM