プーアール茶.com

下関銷法沱茶90年代 その2.

下関銷法沱茶90年代プーアル茶
製造 : 1998年頃
茶葉 : 雲南省臨滄茶区大葉種喬木晒青茶
茶廠 : 下関茶廠(国営時代)
工程 : 熟茶のプーアル茶
形状 : 沱茶
保存 : 香港ー広州ー上海 紙包みのまま
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水 
蓋碗できっちり。

お茶の感想:
薄くて美味しい。
味が濃いというキーワードが、
最近の食品業界で流行っていると昨年のニュースで知った。
その観点からすると、下関の熟茶よりも孟海の熟茶に軍配が上がるだろう。
しかしこのお茶を高く評価する。
薄くて美味しい。
薄くて上等。
薄いけれどまた飲みたくなる。
薄いからこそいろんな味が見えてくる。
茶葉の質といい、製茶の技術といい、発酵の仕上がりといい、長期熟成といい、すべてにおいてよく出来ている。奇跡と言ってもよいほど。その結果が薄いのだから、それはもう良いにきまっているのだ。

ひとりごと:
下関銷法沱茶90年代プーアル茶
大衆の評価で美味しいお茶など見つかるものか。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM