プーアール茶.com

下関銷法沱茶90年代 その1.

下関銷法沱茶90年代プーアル茶
下関銷法沱茶90年代プーアル茶
製造 : 1998年頃
茶葉 : 雲南省臨滄茶区大葉種喬木晒青茶
茶廠 : 下関茶廠(国営時代)
工程 : 熟茶のプーアル茶
形状 : 沱茶
保存 : 香港ー広州ー上海 紙包みのまま
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水 
蓋碗できっちり。

お茶の感想:
1998年頃の熟茶。
塩っぽい。(水の相性かな。)
軽い。
雲南大理下関茶廠のつくる熟茶は風味が軽い。
孟海の重い熟茶を飲んだ後に下関の熟茶を飲むととくに軽く感じる。
臨滄茶区の茶葉の特性もさることながら、しっかり火を入れる殺青(鉄鍋炒り)をする地域的な傾向が、発酵の工程にも影響し、この軽い風味につながると思う。
見るからに栄養たっぷりな若葉や茎の部分をたっぷり含みながら、くちあたり、のど越しはすっと消えて、ひかえめな沈香だけを残す。
下関茶廠はもともとチベットや青海へ向けて沱茶や磚茶の流通が多く、仏教徒も好んで飲んでいるから、やはりその地域の味の嗜好がお茶にも影響していると思う。
【下関銷法沱茶90年代プーアル茶】
説明文章を書いたのは2008年だが、熟成してさらに澄んだ風味に変化した。

ひとりごと:
プーアール茶の茶商は良いお茶を見つけたら、
いかに売るかということよりも、いかに売らないかを考える。
下関銷法沱茶90年代プーアル茶


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM