プーアール茶.com

黄印7572七子餅茶99年 その3.

黄印7572七子餅茶99年プーアル茶黄印7572七子餅茶99年プーアル茶
製造 : 1999年
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県大葉種喬木晒青茶
茶廠 : 孟海茶廠(国営時代)
工程 : 熟茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 上海−日本 袋密封
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水 
蓋碗できっちり。

お茶の感想:
6煎めから。
熟茶の老茶は何煎でも永久にいけそうな気がする。
白湯にほんのちょっと香りがついているだけなのに魅力的な液体。
味にならないなんらかの成分を感じ取っているのだろう。
香りはそんなに特別でもない。
焼き芋の皮のようなどこかなつかしい焦げ味。
それともうひとつは、仏教のお香の伽羅や沈香のような清浄の香り。
焼き芋の焦げ味は、おそらく原料の晒青毛茶にあったもの。
清浄の香りは、おそらく14年もの歳月で何かが焦げてできたもの。
いずれにしても焦げ味がポイント。
これをうまく迎え入れるようにしなければ。

ひとりごと:
夕涼み
夕涼み
夕涼み。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM