プーアール茶.com

厚紙黄印七子餅茶 その1.

厚紙黄印七子餅茶95年プーアル茶
厚紙黄印七子餅茶
製造 : 1995年
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県大葉種喬木晒青茶
茶廠 : 孟海茶廠(国営時代)
工程 : 熟茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 香港ー広州ー上海−日本 紙包
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水 
蓋碗できっちり。

お茶の感想:
1995年の熟茶。
これぞ孟海の熟茶という穀物風味。どことなく粉っぽくてとろんとした舌ざわり。のどごしは艶やかながらサラッと消える。
2004年にはじめて仕入れた時は「米」のようだと思ったが、その後もずっと広州倉に入っていたので、仕入れるたびに熟成がすすんでいた。2010年に完売したが、上海に何枚か残っていたのがさらに熟成して、現在は「米」というよりは「あずき」だろうか。ぜんざいの汁みたいになっている。
ぜんざいっぽさの中にも「煙味」の存在を嗅ぎとれるので、やはり原料の晒青毛茶は昔ながらの鉄鍋炒りだったのだろう。はじめは焦げ味の刺激があったのかもしれないが、20年ほど経つ今は落ち着いた漢方薬の芳香が漂う。
厚紙黄印七子餅茶プーアル茶
熟茶の熟成は風味が浄化されてゆく。
このお茶もいつか炭みたいになるのを静かに待っている。
【厚紙黄印七子餅茶プーアル茶】

ひとりごと:
鯖ずし鯖ずし
鯖寿司はここ。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM