プーアール茶.com

漫撒古樹青餅2013年・黄印 その2.

漫撒古樹青餅2013年・黄印プーアル茶
漫撒古樹青餅2013年・黄印プーアル茶
製造 : 2013年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)丁家老寨古茶樹
茶廠 : 農家+漫撒工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納紙包み+竹皮包み
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水
小さめの蓋碗できっちり。

お茶の感想:
小さめの蓋碗+ぬるめの湯でこのお茶。
【漫撒古樹青餅2013年プーアル茶】
これも熟成壺に入れて10日くらいだが、蓋開けたらチョコレート香が漂う。紙箱や封筒に入れている他の餅茶とはあきらかに異なる。
台湾茶に習って、蓋碗の大きさにしてはちょっと多めの茶葉で煎じてみる。目分量で3.2gといったところか。
漫撒古樹青餅2013年・黄印プーアル茶
湯を注いでしばらくして開けた瞬間にぶわっと香る。
小さな杯のちょっとの液体をくちびるで迎えて舌にすべらせると、持ち味の複雑味がゆらゆらしていろんな色彩を見せる。甘味も強いが苦味も強い。その綱引きが一点で止まった緊張を保って余韻を長引かせる。舌に残るヒリヒリするような辛味がゆっくり消えるまで2分はかかる。空になった茶海からはまだ香りが漂っている。
撒古樹青餅2013年・黄印プーアル茶
香水のような易武山の香りの個性は今のところだんとつでこのお茶が強い。茶葉の素質なのか?製茶なのか?熟成壺効果なのか?そのすべてなのか?
まあ、そんなことわからなくても銘茶は美人なのだ。

ひとりごと:
このぶ厚い蓋が・・・、
熟成壺
まちがって足の上に落としたら骨折れる。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM