プーアール茶.com

易昌號大漆樹圓茶04年 その7.

易昌號大漆樹圓茶04年プーアル茶
易昌號大漆樹圓茶04年プーアル茶
製造 : 2004年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山麻黒村大漆樹古茶樹
茶廠 : 農家+易武山の工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 上海 密封
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水
小さめの蓋碗できっちり

お茶の感想:
「小さめの蓋碗」+「ぬるめの湯」でこのお茶。
【易昌號大漆樹圓茶04年プーアル茶】
うまくいった。
1煎めは、お茶の味も香りもしなくて、蜂蜜の湯という感じだった。
2煎めに、ちょっと濃くしてみると、お茶のお茶たる苦味や辛味が出てきて、甘味とのバランスをとって、ピッタリの感じがした。
3煎めは、ぐっと濃くして、まろやかながらじわじわ沁み入る苦味と、舌や喉元をヒリヒリさせながらゆっくり蒸発してゆく辛味を楽しむ。
すーっと糸を引くこの余韻。
易昌號大漆樹圓茶04年プーアル茶
途切れさせたくないので、なにもしないでいると、今度は茶酔いの上昇気流が吹き上げてくる。身を任せて浮かんでいられるうちにはなにも口に入れたくない。
4煎めは、もういちど同じ快感を求めて濃くしてみるが、やや劣勢になった苦味・辛味のせいで甘味がぐっと前へ出てくる。
5煎めは、どういわけかここにきて甘い香りが混じって完全にデザートとなる。
それでも舌や喉のどこかにまだ苦味や辛味が残っているから探したくなる。昔の思い出話にふけるような味わいがある。

ひとりごと:
プーアール茶の茶器など、なんでもよい。
プーアール茶の茶器はなんでも
「家でお茶は飲まないのですか?」
「紅茶は飲みますが、プーアール茶みたいな知らないお茶は、どう淹れてよいのか、正しく淹れられるのかどうか不安で、お湯の量とか温度とか時間とか、いちどお手前を教えてもらってこれが正しい味ですというのを教えてほしいですね。」
「僕は毎日飲んでいますが、毎回ちがう美味しさに出会うのですよ。」
プーアール茶はその特性からして、栽培にも製茶にも人間のコントロールできる部分が少ない。自然の状態がそのまま残っている混沌を遊べない人には楽しくない。英国式紅茶がよいだろう。
幼い子供がバケツやコップなどのカンタンな道具で水遊びをするのに、これが正しいという遊び方はないし、こうなったら良いという結果もない。子供の感覚でお茶を淹れて遊べる人には、生茶のプーアール茶は面白い。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM