プーアール茶.com

思芽金芽古樹紅茶2012年 その1.

製造 : 2012年04月
茶葉 : 雲南省思芽市古茶樹
茶廠 : 農家+昆明の茶荘
工程 : 紅茶
形状 : 散茶
保存 : 昆明ー西双版納 密封
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 小さめの蓋碗
西双版納
西双版納

お茶の感想:
西双版納の町はいま、
年中過ごしやすい気候の観光地として、
ラオス・ミャンマー・タイのアクセス拠点として、
お茶の経済とはケタ違いのチカラが命をもった生き物のように動き出して、もうどうにも誰にも止められないところまで来ている。10年前の上海でも同じチカラを見た気がする。
お茶の店も競争が激化して、地元民の素人っぽい店が潰れ、マーケティングとかディスプレイとかパッケージデザインとかの横文字を外地からもって来るプロっぽい店が増えてきた。
つい最近開店したという昆明の茶荘の支店に友人に連れて行かれて、不味いプーアール茶を試飲させられていた時に、棚にあったこの茶葉と眼が合った。
思芽市の古茶樹の紅茶。
春摘みの新芽だけでつくられたもの。たった15キロほどしかつくれないらしい。
西双版納の古茶樹で新芽のこのように白いのは少ない。だから品種が異なるのだけれど、これと同じのは景邁にもあって、「月光白」(白茶に近い生茶のプーアル茶)に使われているのを見たことがある。清代後期に持ち込まれた品種という話をどこかで聞いたので、古茶樹といっても原生のものではなく、樹齢は200年くらいか。
店での試飲は、湯の温度を80度以下にして蓋碗で淹れていた。
ひかえめでちょうどよいくらいの鮮花のような爽やかな香り。透明ながら存在感のあるツヤツヤした液体が口と喉を潤す。あっさりめに淹れるので、10煎めくらいまで茶気が衰えずに飲み続けられた。
思芽金芽古樹紅茶2012年
思芽金芽古樹紅茶2012年
思芽金芽古樹紅茶2012年
思芽金芽古樹紅茶2012年
少し買って帰って自宅で試した。
はじめの3煎は80度以下で淹れて、4煎めを沸きたての熱い湯にしてみたら、赤味が強くなって、雑味が出て、シャキッとしない感じになった。繊細なのだ。
当店オリジナルの紅茶を同時に試してみた。
【巴達古樹紅餅2010年紅茶】
巴達古樹紅餅2010年紅茶
漢方薬のようなスパイス。ぬるい湯でも熱い湯でも崩れないバランス。飲んだ後の風呂上がりのような心地良さ。
味で選ぶならだんぜんこっちと思うが・・・・。
それはともかく、
たぶん『思芽金芽古樹紅茶2012年』を欲しい人はいる。
見た目にも繊細なこの茶葉には、お茶を淹れる楽しさがあるような気がする。
ちょっと仕入れてみるかな。

ひとりごと:
紅茶を飲んだらハラが減った。
明日は晴れたら山に行くから、力をつけておく。
孟海焼鳥
孟海焼鳥
孟海焼鳥

関連する記事

茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM