プーアール茶.com

孟庫戎氏宮廷小熟餅05年 その1.

製造 : 2005年
茶葉 : 雲南省臨滄市双江県孟庫大雪山茶区晒青毛茶
茶廠 : 双江孟庫戎氏茶叶有限公司
工程 : 熟茶のプーアル茶
形状 : 小餅茶145g
保存 : 昆明−上海 紙包み
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 小さめの蓋碗
孟庫戎氏宮廷小熟餅05年プーアル茶

お茶の感想:
双江孟庫戎氏茶叶有限公司は、
最近注目されている孟庫大雪山の野生茶などを原料にした生茶の餅茶シリーズがよく売れているみたいで、いろんなところで見かけるようになったけれど、2005年のこのお茶が出た頃は熟茶がメインだったような気がする。
上海で何度かこのメーカーの熟茶を飲んだことがあった。
2005年の頃だったと思うので、もしかしたらこのお茶も飲んでいたかもしれない。
記憶にあるのは、ちょっと味噌っぽい香りだったけれど、今この茶葉にはまったくそういうのはない。
孟庫戎氏宮廷小熟餅05年プーアル茶
孟庫戎氏宮廷小熟餅05年プーアル茶
熟茶の発酵工程の後に、大量の茶葉が篩分けされて、等級分けされる。最も細かな新芽・若葉の部分が「宮廷」級になる。一般的には散茶のままで売られるが、それを強く圧延した餅茶になっているので、やや茶葉の形が崩れている。しかし、いったん餅茶になると茶葉が崩れないから、長期保存をするのならこのほうが管理がしやすい。散茶のままでは保存場所を移動させるたびに屑ができるので、同じことなのだ。
孟庫戎氏宮廷小熟餅05年プーアル茶
美味しい。
完全発酵の透明感。スッキリした甘味。
茶葉の素質の良さを感じさせる液体の質のキメ細かさ。喉のとおりの滑らかさ。
花や果物の香りみたいな特別なアピールはないけれど、クラッシックな熟茶にある「荷香」や「棗香」が漂う。2005年モノにしては十分な落ち着きがある。
飲んでしばらくしてから、喉にスースーと清涼感がある。
渥堆発酵の熟茶は清潔第一。個性的な味の魅力を言う前に、まずはキレイな仕上がりを高く評価したい。
かすかなところに、ちょっと魅力的な風味を見つけたので、次回に確かめてみる。

ひとりごと:
今日は梨。
梨のジュース
写真は撮れないけれど、
夜のギラギラしたタイ族のエリアに自転車で散歩してきた。
やっぱりギラギラしていた。怖いよなあ。
串焼きの屋台の美味しいところはここに集中している。なんとなく納得できる。
自分はここに生まれなかっただけ。
もしもこのエリアで生まれたら、それなりに楽しくやってゆくだろ。そんなことを思った。
それだけ。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM