プーアール茶.com

易武老散茶B1960年代 その2.

製造 : 1960年代 (推定)
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山麻黒村古茶樹
茶廠 : 孟海茶廠(国営時代)
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 散茶
保存 : 香港ー広州ー上海 紙包密封
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 小さめの蓋碗
易武老散茶B1960年代プーアル茶

お茶の感想:
半日だけ晴れてまた雨。
雨音を聞くのが楽しい。
ふと思い立って老茶を飲んでみる。
以前に飲んでいたこのお茶。
【易武老散茶B1960年代】
易武老散茶B1960年代プーアル茶
易武老散茶B1960年代プーアル茶
易武老散茶B1960年代プーアル茶
前回に思ったよりも美味しい。
小豆風味で甘いながらもスッキリしている。
ツンとした樟香のスパイスが効いて、生茶の鮮味を主張している。
じっくり茶葉を見て、飲んでみて、このお茶はたしかに1960年代のものだとわかった気がする。ちょっと濁りがあるけれど、それがこのお茶。1960年代のお茶として評価をするべきだった。1950年代ともちがうし、1970年代ともちがう。なぜなら、農家でつくる晒青毛茶(天日干しで仕上げる緑茶)の仕上がり具合が違ったのだから。
いろいろ細かな点で気付きがあるけれど、それは言葉にせずに、お茶づくりに折り込んでゆきたい。

ひとりごと:
昔に読んだ本をパラパラ見ていたらこれが目にとまった。
『実録アヘン戦争』 1985年 陳舜臣著 
漫撒古樹青餅2013年・青印プーアル茶
アヘン戦争の舞台となった「茶館」は、映画に出てくるような貧民窟ではない。
「食」も「酒」も「セックス」も、そしてある種の「薬草」も、全国各地から手を尽くして取り寄せた上等の集まる娯楽の殿堂だった。金で買えるすべての快楽がある。(そうじゃないとイギリスがぼろ儲けできないよなあ。)
その時代の茶館を見たことのない自分には、映画『千と千尋の神隠し』にでてくる油屋のイメージが近い。
茶館にはすごいお茶が集まったことだろう。
欲のうずまく混沌の濁りに一点の静謐が輝く。そんなお茶。
快楽に溶けてゆく幸せな身体とは裏腹に、心はなぜかどんより沈みだす。どろどろになりかけたところにツヤツヤの熱い液体が口にひろがり喉をとおり腑に落ちてゆく。精神の洗われる瞬間に、それまでの汚れも罪も、すべてが意味あるものに思えてくる。
「お茶に救われた・・・」
と、どれだけ多くの人が茶館でつぶやいたことだろう。
異常なまでの執念で製茶に磨きをかけたお茶が今も残っている。なぜそこまで求めたのかを理解しようとおもったら、昔の茶館で乱れてみるしかない。

関連する記事

茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM