プーアール茶.com

丁家老寨青餅2012年 その12.

製造 : 2012年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)丁家老寨古茶樹
茶廠 : 農家+漫撒工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納 紙包み 竹皮包み
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 小さめの蓋碗
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
丁家老寨青餅2012年プーアル茶

お茶の感想:
舌が味を覚える。
この状態にもっていって試飲をしたほうがよいので、「生茶」は「生茶」、「熟茶」は「熟茶」、「新茶」は「新茶」、「老茶」は「老茶」と、集中して飲むことになる。
熟成の記録のためにまだ新しい生茶の試飲が続いたから辛かった。
同じ系統のこの3種。
【易武春風青餅2011年・熟成】
【易武古樹青餅2010年・熟成】
【丁家老寨青餅2012年・熟成】(今日のお茶)
味だけでなく体感も見たいし、一煎一煎の変化や、湯の温度や量の違いなど、あの手この手で淹れてみていろんな味の趣きを探るので、サイトに記録している試飲リポートはほんの一部なのだ。体がおかしくなるくらいたくさん飲む。頭は大丈夫だ。
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
(丁家老寨青餅2012年)
新しいお茶は茶酔いが強くて夜は眠れない。飲み過ぎると唇のふちが紫色になる。急に震えがくる。とくに早春の溌剌とした辛味成分(刺し味とも呼んでいる)の多いお茶は気をつけないといけない。ワインやお菓子を買い込んで持久戦をする。自分の体にはなぜか酒が有効で、とくにワインや日本酒を飲むと、お茶の味が嫌になりにくいのだ。体の震えもある程度防ぐことができる。
今日でいったん新茶の試飲は終わり。
明日から体にやさしい老茶の試飲に戻る。
茶商の飲み方は異常でお茶を楽しむ姿勢ではないから真似をしちゃいけない。
お茶にワイン

ひとりごと;
『丁家老寨青餅2012年』は美味しいけれど、現時点で価格差が1枚3000円あるなら『漫撒古樹青餅2013年・黄印』のほうがお得感があるかもしれない。
どちらも杯の中で、ちょっと冷めかけた時になにかが宿る。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM