プーアール茶.com

思芽金芽古樹紅茶2012年 その2.

製造 : 2012年04月
茶葉 : 雲南省思芽市古茶樹
茶廠 : 農家+昆明の茶荘
工程 : 紅茶
形状 : 散茶
保存 : 昆明ー西双版納 密封
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 小さめの蓋碗
思芽金芽古樹紅茶2012年
思芽金芽古樹紅茶2012年
思芽金芽古樹紅茶2012年

お茶の感想:
前回これを仕入れようかと迷って、
結局仕入れなかったのだけれど、なんとなく気になるお茶。
仕入れなかった理由はカンタンで、美味しく淹れるのが難しいから。けれど、もしかしたら難しいから面白いのかもしれなかった。難しいから美味しくなったときの味は格別に感じる。
× 熱い湯でじわりと蒸らす。
△ 熱い湯でさっと出す。
× ぬるい湯でじわりと蒸らす。
○ ぬるい湯でさっと出す。
こんな感じだった。
いずれもうまくゆかないときは「チョコレート風味」が強く出て、うまくゆくときはそれがごく少なく、かすかに「桜もち風味」が出る。
個人的には熱い湯でさっと出す渋めが好きだった。蓋碗で急いで湯を切るスピードなので、茶壺ではできないと思う。
思芽金芽古樹紅茶2012年
思芽金芽古樹紅茶2012年
熱が通るほどに茶葉の色が赤くなる。他の茶葉よりも敏感。
この結果は、同じ紅茶でも当店オリジナルの『巴達古樹紅餅2010年紅茶』のしっかり熱い湯でじわりと蒸らすのが良いのとは逆。逆になる理由は茶樹の品種と製法の違いにある。
この紅茶『思芽金芽古樹紅茶2012年』は、おそらく晒干(天日干し)していない。機械乾燥で仕上げてある。そういえば。ぬるい湯で煎じるのが基本の「白茶」も陰干し+機械乾燥で仕上げていて晒干はしない。
晒干が茶葉を頑固にするというか、煎じるときに眠りから覚まさせる熱い湯を必要とすることになるのだけれど、そのかわり長期保存に強くなる。

ひとりごと:
思芽金芽古樹紅茶2012年
それなら今から晒干したら変わるのか?というとそうではない。
晒干をはじめるときの茶葉の水分量が関係しているらしい。
まとまらないけれど、たまにはメモ的にこのブログを使う。

関連する記事

茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM