プーアール茶.com

漫撒茶山黄金葉熟餅05年 その3.

製造 : 2005年
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)丁家老寨古茶樹
茶廠 : 農家+漫撒工房
工程 : 生茶のプーアル茶+微生物発酵
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納 紙包み 竹皮包み
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 大きめの蓋碗
漫撒茶山黄金葉熟餅05年
漫撒茶山黄金葉熟餅05年プーアル茶
漫撒茶山黄金葉熟餅05年プーアル茶

お茶の感想:
「お茶づくりが作意に目覚めちゃいけない。」
これが今年に学んだことのひとつ。
作意とは、
わかりやすく言えば、
どんなに美人でも整形ならガッカリということ。
お茶づくりには人の手が加わるから作意の入り込む余地がある。
その余地の少ないのが山の農家のつくる「晒青毛茶」。
プーアール茶の原料となる晒青毛茶には有名茶師など介在しない。メーカーや茶商が手を出して別モノに改良できない。製茶技術の良し悪しはほとんど価格の差にならない。
そこがよい。
価格の差の生じるのは、どの茶山のものか、山のどの辺りで採集したのか、古樹茶か台地茶か、古樹茶なら在来の品種か外来の品種か、摘んだときの季節や天候、摘み方、そして市場の需要と供給のバランス。これらはすべて自然条件に価値がついているのであって、人の創作への評価ではない。
漫撒茶山黄金葉熟餅05年プーアル茶
漫撒茶山黄金葉熟餅05年プーアル茶
漫撒茶山黄金葉熟餅05年プーアル茶
このお茶『漫撒茶山黄金葉熟餅05年』の「晒青毛茶」は、農家の家に袋のまま置いてあるうちに勝手に発酵したのであって、人工的に発酵させたものではない。圧延加工した工房が倉庫の湿度と温度を調整して醸してつくった熟成風味でもない。
漫撒茶山の気候と山の農家の暮らしがつくったのだ。
実に美しい。

ひとりごと:
作意のあるお茶をどう見分けたら良いか?
そこが課題になるが、
ひとつ思い当るのは、作意の無い良いお茶は飽きないということ。
試飲鑑定するみたいに味の微妙な良し悪しがわからなくてもよい。
ものすごくカンタンで、家にいくつかの茶葉が置いてあって、そのうち自然に手が伸びてよく飲んでいるお茶。
たぶんそれには作意が少ない。
と、いうことはだ。
飲む人に暮らしがなければ良いお茶は見つからないことになる。いや、暮らしの中に良いお茶が生まれるということか。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM