プーアール茶.com

中茶牌3917沱茶93年 その1.

製造 : 1993年
茶葉 : 雲南大葉種晒青茶(西双版納孟海地区)
茶廠 : 昆明茶廠
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 沱茶
保存 : 昆明 紙包+竹皮密封
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 小さめの蓋碗
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶

お茶の感想;
老茶はかしこい。
よく研究されている。
偽物を売らない業者から仕入れたらという前提で、
さらに本物と偽物くらいは自分で見分けられるという前提だが、
同じ銘柄の同じ年代に出品されたお茶だったら、値段の高いほうが美味しいに決まっている。同じ銘柄の同じ年代のお茶でもメーカーの出荷時期のちょっとの差で茶葉の質の違いがあって、そこを見逃さずに評価されている。もちろん保存熟成の結果もすでに価格に反映している。
考えてみれば当たり前の話で、例えば20年経っているとしたら20年間にわたっていろんな人がそのお茶を飲んで試して評価してきたわけだ。
熟成の結果にしても、20年経った今日になって突然わかるというのではない。おそらく5年から10年で見えてくる予測可能な将来に値がついているのだ。
正当な老茶にアタリ・ハズレのあるくじを引く面白さはない。当たりには当たりの価値、ハズレにはハズレの価値がちゃんとついている。
老茶の値段は授業料。
本を買っていくら眺めても老茶の美味しさは勉強できない。お茶を飲んで知るしかない。勉強代を払わずして無知をどうすることもできない。
ということは財力勝負だ。
負けるかなあ・・・。
いや、「負けるが勝ち」という言葉もある。
今日はこのお茶。
『中茶牌3917沱茶93年』(卸売部に出品)
このお茶は1991年モノがあったと思うがこれは1993年。
後に1991年のも入手して比べてみるが、あきらかな違いは1993年のこのお茶は香港で熟成された跡があること。
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
「白露」がある。
メーカーから出荷されて昆明に直接入ったらこれは出ないと思う。
業者にその記録はない。老茶は何度か業者間で転売されているから過去のログが完全には残っていない。しかし、どことなくしっとりした香港の熟成風味がある。
先日の記事で、「熟茶は発酵に活躍した微生物が大量の酵素を茶葉に残しているから、保存環境によって熟成結果が異なる。」という話を書いた。
このお茶『中茶牌3917沱茶93年』は生茶だけれど、香港の倉庫でわずかながらも良性の微生物が茶葉になんらかのアクションを起こて酵素を残していると思う。白露はその結果で、茶葉の成分がゆっくり分解されて結晶化したものだろう。これが悪いカビの跡かそれとも白露かは、白い色の発色や粒子の大きさが違うから経験でわかるようになる。
老茶を扱っていた時に、メーカーから出荷されて昆明入りしたお茶よりも、いったん香港・広州の茶商の倉庫にはいって醸した風味がでてきたお茶を選んでいた。そしてそれは保存熟成中にもどんどん魅力的になってゆくのがわかった。今から考えたら、酵素が豊富にあるか無いかの差ではないかと思うのだ。
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
柔らかい若葉が多いけれど粉砕されていて、それを強く圧延してあるのでかなり緊密に固まっている。茶針の刃が立たない。崩したらネズミの齧った跡のようになった。
味は良い。

ひとりごと:
何度でも試飲。
やはり老茶は身体にやさしい。
試飲が楽なのだ。
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
なんとなく香を焚きたくなった。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM