プーアール茶.com

7581荷香茶磚97年 その1.

製造 : 1997年
茶葉 : 雲南大葉種晒青茶景谷茶区
茶廠 : 中国土産畜産雲南茶叶進出口公司 昆明茶廠
工程 : 熟茶のプーアル茶
形状 : 磚茶
保存 : 昆明乾倉 紙包密封
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 小さめの蓋碗
7581荷香茶磚97年プーアル茶
7581荷香茶磚97年プーアル茶
7581荷香茶磚97年プーアル茶

お茶の感想:
『7581荷香茶磚97年』。
「7581」の「75」は1975年に開発された製法ということ。
「8」は8級茶葉のこと。
「1」は昆明茶廠(元昆明第一茶廠)のことを意味する。
2000年に自由化される以前の、専売公社制のときにあった製造番号。
昆明茶廠は1995年に解散したので、1997年につくられたこのお茶は「7581」のレプリカ品ということになるが、国営の販社であった「雲南茶叶進出口公司」が昆明茶廠の製造部門を受け継いでメーカーへと転身しているので、昆明茶廠の銘柄の製造はそのままつづいている。
そして、白文祥氏の監製のお茶ということらしい。
この人は近代のプーアール茶業における著名な技術師で、雲南茶叶進出口公司の研究員を経て、1998年〜2003年まで中国土産畜産雲南茶叶進出口公司のプーアール茶加工部経理(社長)を務めている。つまり新しい昆明茶廠の工場長である。
その後、白文祥氏は2003年に独立して「雲南宜良祥龍茶廠」の創業者となっている。
実はこの人のことを知らなかった。
個人的には、人の名前のついてくるお茶は奇をてらうのが多くてダメと思っている。しかし、昆明茶廠の名作「7581」はもともと大衆のお茶。生活のためのお茶。さらに伝統的な軽発酵を再現したという話なので、ちょっと面白そうだと思った。
ここで言う「軽発酵」とは、熟茶の創成期の『73厚磚』『7581文革磚』などに用いられた技術で、渥堆(茶葉を堆積して加水する)による微生物発酵の発酵度が「軽い」ということになる。「半発酵」や「半生熟茶」とも呼ばれる。そして、これは年代によっても発酵度が変わってきた経緯がある。
例えば、1973年の初の量産の熟茶。
【義安棗香73特厚磚茶プーアル茶】
これは「生茶」の長期熟成したものか、それとも渥堆発酵の「熟茶」か、風味で見当をつけるのが難しいくらいだった。最近紹介した易武山の無水発酵の生茶の黒茶にちょっと似ている。
そして、1980年代になると発酵度が上がってゆく。
【7581後期文革磚80年代】
このお茶は飲んですぐに熟茶と判別できるほどの発酵度だったが、口当たりは軽く、生茶のような透明感があった。
さらに後の1988年のこのお茶は、ほぼ現在の熟茶に近い風味となる。
【7581雷射磚茶プーアル茶88年】
茶湯の色の赤味が増しているのが写真からもわかるだろう。
さて、今回のお茶『7581荷香茶磚90年代』は、どのくらいの発酵度なのだろうか?上のような経緯から現在は発酵度の軽い熟茶が少ないため、老茶ファンとしては期待が膨らむ。
7581荷香茶磚97年プーアル茶
7581荷香茶磚97年プーアル茶
7581荷香茶磚97年プーアル茶
崩したときの感触に、1970年代の磚茶のフワッと軽い感じがあった。大きく育った8級茶葉や黄片の形状と、それが発酵したことによって脆く崩れる質感。この感触でわかることもあるから、ぜひとも自分の手で崩して確かめないといけない。
崩した感触の予感の通り、飲み口も実にまっとうな伝統の味が再現されていた。
7581荷香茶磚97年プーアル茶
7581荷香茶磚97年プーアル茶
7581荷香茶磚97年プーアル茶
7581荷香茶磚97年プーアル茶
上の説明でいうところの1980年代の発酵度の感じになる。
正直ここまでど真ん中の「7581」が1990年代のお茶にあるとは思っていなかったので、ちょっとびっくりした。
しかし、2日間続けて飲んで思ったのだけれど、この風味はおそらく時代にそぐわなくなったのだ。現代の発酵度の高い熟茶の強い旨味・甘味に慣れた口には、このお茶『7581荷香茶磚97年』はあっさりしすぎてもの足りない気がする。透明感や風味のふくよかさはすばらしいが、同じ透明感をもつ生茶の年代ものほど華やかさはなく、もっと落ち着いた雰囲気。もの静かな佇まい。今の市場ではこんなにおとなしい風味ではアピールに欠けるのではないだろうか。
老茶ファンは是非飲んで確かめてほしい。古いファンならこの味が懐かしいと感じるだろう。
ちなみに、手元で長期熟成させるならこのお茶は最適。微生物発酵によって酵素がたっぷりつくられているから、常温保存のもとでじわじわ変化が続いて、茶葉はよりモロモロと崩れやすくなり、葉底はより黒々となり、お香のような香りが出てくると思う。

ひとりごと:
7581荷香茶磚97年プーアル茶
7581荷香茶磚97年プーアル茶
7581荷香茶磚97年プーアル茶
煎を重ねるほど濃く出やすくなる。それぞれの濃さにそれぞれの風味がある。静かな心で味わったら、おとなしい風味の中に無限の色彩を見る。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM