プーアール茶.com

中茶牌3917沱茶93年 その3.

製造 : 1993年
茶葉 : 雲南大葉種晒青茶(西双版納孟海地区)
茶廠 : 昆明茶廠
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 沱茶
保存 : 昆明 紙包+竹皮密封
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 小さめの蓋碗
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶

お茶の感想:
茶葉には磁力がある。
お金の集まるところにもっとお金が集まるように、
茶葉の集まるところにもっと茶葉が集まる。
なぜそうなのかは知らない。
知っていたらとっくの昔に大金持ちになってプールサイドに美女をはべらせている。
プーアール茶のサンプル
そのようなわけで、今いろいろサンプルが集まりだしている。
問屋さんはサンプルの出し惜しみをする。
これはおそらくこちらの嗜好に合うかどうかわからないのを出したくないからだろう。
老茶には嗜好がある。この人にはすすめてもよいけれど、初めての人にはやめておこうというのがある。毎日はゴメンだけれど、お茶仲間が集まって試すなら楽しいというのもある。それぞれなのだ。
さて、今回は生茶。
最近ヒットの生茶の老茶、『中茶牌3917沱茶93年』 (卸売部で出品)。
このお茶を案内役にしていくつかを飲み比べすることにした。
このお茶は、じわじわわかる美味しさ、飽きない味、毎日のお茶にできる安定感がある。
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
(茶葉の表面に白露が出ている。良い熟成のしるし。)
生茶のプーアル茶飲み比べ
(これが『中茶牌3917沱茶93年』。)
生茶のプーアル茶飲み比べ
(こんな具合に飲み比べ。手前が『中茶牌3917沱茶93年』。)
生茶のプーアル茶飲み比べ
生茶のプーアル茶飲み比べ
生茶のプーアル茶飲み比べ
結論から言うと『中茶牌3917沱茶93年』が美味しかった。バランスが良いと思う。
ただ、気になるのが2つほどあったから、1枚モノを改めて入手したい。
生茶のプーアル茶飲み比べ
いずれも何らかの形で微生物発酵が関わっていそうな老茶だが、発酵もいろいろ。
微生物が増殖してみるみる変化したような風味もあれば、一時期だけ発生した微生物が酵素を残して何年もかけて変化したような風味もある。水分が多いために乳酸発酵が感じられる風味もあれば、酵母が沸いて熱をもった感じの穀物っぽい風味もある。
これをひとくくりに「生茶」です「熟茶」です。あるいは「これが正しい発酵です」とは言えないと思う。
難しい話ではない。
美味しいか美味しくないかそれだけのこと。
不味いのは毒になる成分が発生している可能性がある。誰しも大きくなるまでに幾度となく食あたりを経験して、味覚や臭覚のセンサーが働くように育っている。そして、まともな老茶は(まともじゃないのは別として)、すでに多くの人が自らのセンサーと体感を頼りに試飲してきた実績がある。いわば人体実験に合格したようなものなのだ。
しかし、それと美味しさの魅力を見つけられるかどうかは別。
そこが生活のお茶では大問題。一家だんらんのひとときがかかっている。
生活のお茶でありながら深い味覚の世界を家庭にもたらした老茶。
老茶には知恵がある。いやちがう。老茶を育んだ生活に知恵がある。

ひとりごと:
このお茶竹皮4個包みだった。しっか密封の良い感じ。
勘でモノを言うと、
生茶の熟成初期の段階で竹皮が有効だと思われる。
竹皮もまた微生物と仲が良い。とくに乳酸菌。竹皮には抗菌作用があると言われるけれど、もしかしたらこれは竹皮に相性のよい乳酸菌や酵素がカンケイしているのではないのか?
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
白く粉をふいたようなところ。これがよくある。竹皮にまだ水分のあるうちに乳酸菌がつくった消化酵素のようなものが竹皮の成分を溶かして結晶化しているのだと思う。乾燥していたらなにも機能しない白い粉だが、水分を得ると胃液のようにいろんなものを溶かす。殺菌する。バイキンと呼ばれる細菌は生き物だから体内に水分を持っているから、この白い粉に触れると殺される。
湿度の高いところにあるうちは竹皮に守られた茶葉がよいと思う。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM