プーアール茶.com

孟庫戎氏宮廷小熟餅05年 その3.

製造 : 2005年
茶葉 : 雲南省臨滄市双江県孟庫大雪山茶区晒青毛茶
茶廠 : 双江孟庫戎氏茶叶有限公司
工程 : 熟茶のプーアル茶
形状 : 小餅茶145g
保存 : 昆明−上海 紙包み
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 小さめの蓋碗
孟庫戎氏宮廷小熟餅05年プーアル茶
孟庫戎氏宮廷小熟餅05年プーアル茶

お茶の感想:
いろんな熟茶の試飲がつづいて、
味の記憶が鮮明なうちにこのお茶。
『孟庫戎氏宮廷小熟餅05年』 (卸売部に出品)
近年の典型的な濃くて甘い熟茶だが、こうしてふりかえってみると、よく考えてつくってあるとつくづく思う。
濃くて甘い風味の熟茶は、味のボリューム感はあっても輪郭みたいなのがぼやけがちになる。冬の寒い時期や雨の日にはしっくりくるが、夏の暑い時期やカラッと晴れた日にはいまひとつパッとしない気がする。その中で比較的ハツラツとした味があるのは、新芽と小さな若葉を篩分けした「宮廷」クラスの熟茶。新芽と若葉に多く含まれる刺激成分が風味をシャキッとさせるのだ。
数年前まで「宮廷」の人気はそれほどでもなかったと思うけれど、ここにきて人気が上がっているのは、その背景に熟茶の風味の変化があると思う。
熟茶を代表する銘柄の孟海茶廠の「大益」シリーズや、下関茶廠の定番の「銷法沱茶」などは、近年明らかに風味の精彩に欠けてきていると思うが、こうなるのは、原料となる茶葉の発酵を濃くて甘い風味に仕上げるようになって、かつてのブレンドではバランスが取れなくなったのではないかと思うのだ。
孟庫戎氏宮廷小熟餅05年プーアル茶
孟庫戎氏宮廷小熟餅05年プーアル茶
その点で、このお茶は粉砕した茶葉と宮廷クラスの新芽・若葉を豊富にブレンドすることで、価格を抑えつつも味の輪郭を保ち、バランスよく仕上がっている。1枚145gというミニサイズも買いやすくてよい。

ひとりごと:
客観的だよな・・・。
他人の味覚や金銭感覚を意識してお茶の話をしている。実際にこのお茶は良いお茶だと思う。でも、それは他人にとってのこと。
ほんとうに自分が好きなお茶なら、こんなふうにならないのだ。
「このお茶最高!」
この一言で十分。自分の嗜好にピタッとくるものが、生まれ育ちの違う他人にピタッとくるとは思えない。生まれ育ちの同じ兄弟でもずいぶん嗜好が違うのだから。
「食べログ」みたいなのになじめないのはそこなのだ。評価している人は、顔も見えない誰でもない他人に向かって良かれと思う評価をしている。
例えば、当店をはじめて利用するにあたって、
「プーアール茶ドットコムのお茶ならどれが美味しい?」
と、SNSやなんかで誰かに聞いたとする。
「このお茶あたりがいいと思うよ。」
と、誰かが勧めてくれたとする。
でもそのお茶はたぶん、その誰かさんにとっての一番ではないのだ。良心的に、顔の見えない他人にとって美味しいだろう、この価格ならぜったい後悔もしないだろう、と思える今日のこのお茶みたいなのをすすめる可能性がある。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM