プーアール茶.com

下関甲級鉄餅05年 その2.

製造 : 2005年
茶葉 : 雲南省臨滄茶区大葉種喬木晒青茶ブレンド
茶廠 : 雲南大理下関茶廠
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 昆明 紙包み
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 小さめの蓋碗
下関甲級鉄餅05年プーアル茶
下関甲級鉄餅05年プーアル茶
下関甲級鉄餅05年プーアル茶
下関甲級鉄餅05年プーアル茶

お茶の感想;
たくさんのサンプルが試飲待ちになっているが、その中に「鉄餅」と呼ぶタイプの生茶が4種ある。今日はこれを一気に飲み比べた。
鉄餅は円盤型の餅茶だが、鉄の型で強く押し固めてカチカチにするのが特徴。
茶葉をしっかり密着させるために、まずは深く蒸される。そして強い圧延で潰れた茶葉からにじみ出る汁が接着剤となってカチカチに固まる。茶葉の隙間が少なく水分の抜けが悪いため、やや高温の乾燥室で乾かされる。この時点で、原料の晒青毛茶(天日干し緑茶)からかけ離れた風味になっている。
一般的な餅茶は、軽く蒸して、圧延も軽いので、晒青毛茶からそう大きく変わらない風味に仕上がるが、それに比べると鉄餅は別モノと言える。出来立ては渋味や酸味が強いが、長期熟成でまろやかになってゆくと独特の風味が醸しだされる。
個人的には好きじゃないのだ。
ほとんどの鉄餅にローソクの「蝋」のような匂いがあり、好みが分かれると思う。
鉄餅にも、美味しいのと美味しくないのとがある。
過去の2つの名作は美味しかったと思う。
【83鉄餅プーアル茶】
【早期藍印鉄餅50年代】
メーカー・銘柄・熟成年数を問わず鉄餅にはハズレが多いから、味で選ぶなら数をあたるしかない。上の写真の『下関甲級鉄餅05年』は、どちらかというとハズレだった。大きくハズしてはいないが、もっと美味しいのがあるはずなので、これをベースにして以下の4つを比べる。
下関美術字鉄餅03年プーアル茶
下関美術字鉄餅03年プーアル茶
『下関美術字鉄餅03年』
下関小紅鉄餅01年プーアル茶
下関小紅鉄餅01年プーアル茶
『下関小紅鉄餅01年』
下関黄印鉄餅99年
下関黄印鉄餅99年プーアル茶
下関黄印鉄餅99年プーアル茶
『下関黄印鉄餅99年』
下関美術字鉄餅95年
下関美術字鉄餅95年プーアル茶
下関美術字鉄餅95年プーアル茶
『下関美術字鉄餅95年』
この最後の1995年の『下関美術字鉄餅95年』だけが美味しいと思った。葉底の茶葉は大きく弾力もあり、そこが他を圧倒している。素材が良い。
はじめの2煎めくらいまでクスリっぽかった。こんな異様な風味は鉄餅ならでは。毎日のお茶という感じではないけれど、所有する楽しみはある。たまに味見してみたくなるだろう。
ただ、この同じ系統であればもっと甘味が強い『中茶牌3917沱茶93年』がある。
【中茶牌3917沱茶93年 その1.】
これなら毎日飲みたい感じがするし万人ウケすると思うが、鉄餅の味が万人ウケしちゃダメなのだな・・・。

ひとりごと:
明日の試飲は熟茶。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM