プーアール茶.com

巴達古樹紅餅2010年紅茶 その14.

製造 : 2010年04月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県巴達山曼邁寨古茶樹
茶廠 : 農家+孟海の茶廠
工程 : 紅茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : マグカップ
巴達古樹紅餅2010年紅茶
巴達古樹紅餅2010年紅茶

お茶の感想:
固形の茶葉を崩すのは面倒かもしれないけれど、これに時間をかけて茶葉に触れてほしいと思う。指先の感触を記憶してほしい。
2週間分の茶葉を崩すのにかかる時間はほんの3分。道具を出したり片付けたりを含めても5分あればできる。
この習慣ができると、いろんなことが発見できて、よりお茶に親しくなれる。親しくなれたらお茶はもっと美味しく飲めるようになる。
デリケートなつくりの烏龍茶などは「指で触れないように」と教わることもあるみたいだが、プーアール茶は大丈夫。プーアール茶のようにつくったこの紅茶も大丈夫。
【巴達古樹紅餅2010年紅茶】
手洗いをした後に乾いたタオルでしっかり水分をぬぐい取ったという前提で、指で触ったくらいで味がおかしくなるようなヤワなやつじゃない。
(※当店で販売用の「崩し」をつくるときには手袋をしています。)
指の記憶ができてくると、いろんな発見がある。この発見はとくに新しい発見ではないと思う。誰かが本に書いていたようなことや、お茶の先生が言っていたようなことを、もう一度なぞるだけかもしれない。けれどそれでよいのだ。他人にとって新しくなくても、自分にとって新しい発見となればよい。
知っているということよりも知るプロセスを体験すること。
巴達古樹紅餅2010年紅茶
(マグカップにひとつまみの茶葉。そこに熱い湯を注ぐだけ。)
知識というのは、不特定多数の「みんな」を意識している。
いろんな状況に対応できる共通点を見つけ、より一般的に普遍的に、言葉にする段階で形を変えてしまっているところがある。
あらゆる紅茶に対応はできても、この手元の紅茶には対応できないこともある。個人にとって大事なのは、手元の紅茶が美味しく飲めるかどうかであって、他人の飲むあらゆる紅茶が美味しく飲めるかどうかではないから、ここに知識の限界がある。
この手元の紅茶と親しくなるプロセスを通して得られるのは、知識じゃなくて「勘」なのだ。勘をやしなうために、できるだけ茶葉を触るのだ。

ひとりごと:
春節の大みそかにダイ族の「年夜飯」に行ってきた。
西双版納のダイ族料理
西双版納のダイ族料理の味覚はひととおりの試したつもりでいたが、はじめて出会うのがあった。生の豚の血。
豚の血
今日殺した豚の血を塩と香草とスパイスで味付けしてある料理。プルンとしたゼリーのように固まっているが、口の中の熱で溶けて液体になる。これが美味かった。血なまぐさいのかと思っていたが、そんなことはなくてむしろ清淡な味わい。コンソメゼリーのような感じだろうか。舌触りや後味もサッパリしている。脂ぎった肉とは対照的な味覚だった。
自家製の米焼酎の肴にこればかり食べていたいと思ったけれど、慣れない珍味は少しにしておくのがコツ。
豚を絞める時にまたお邪魔したいと思う。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM