プーアール茶.com

巴達山曼邁寨の散茶2012年 その1.

製造 : 2012年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県巴達山曼邁寨古茶樹
茶廠 : 農家+孟海の茶廠
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 散茶
保存 : 袋密封
茶水 : 京都御所周辺地下水
茶器 : 小さめの蓋碗
喫茶室
巴達山曼邁寨の散茶2012年プーアル茶
巴達山曼邁寨の散茶2012年プーアル茶
巴達山曼邁寨の散茶2012年プーアル茶

お茶の感想:
過去に卸売部に出品していたお茶。
2010年このお茶と同じ、巴達山曼邁寨の古茶樹の茶葉。
【巴達古樹青餅2010年】
このお茶『巴達山曼邁寨の散茶2012年』も同じく早春に茶摘みをしているが、毎年の風味は異なる。
また、製茶の「殺青」・「揉捻」を機械で行っている。揉捻はゆるめに仕上がっており、そこが『巴達古樹青餅2010年』の人の手で強く揉捻したものとの差があると思う。
巴達山曼邁寨の散茶2012年プーアル茶
巴達山曼邁寨の散茶2012年プーアル茶
一煎めにキリッとした柑橘系の香り。味はやや硬いかと思ったので、2煎め・3煎・4煎・5煎・・・と時間を調整したり湯の温度を変えてみたりしたが、やはり自分の思うような「巴達山曼邁寨」の味にはならない。甘味が出にくいのでやや苦く感じる。これはこれでよいのかもしれないが、なぜだろう?と考えて、ふと気が付いた。
茶葉と水の相性。
巴達山の古茶樹の生茶は、京都御所周辺の地下水とあまり相性が良くないのかもしれない。あるいは、もっと湯の温度を下げてみるとか、茶葉を減らすとか、試してみる余地はある。

ひとりごと:
割烹料理
割烹料理
そういえば料理は色が大事だな。
美しいだけではなくて、鮮度とか、栄養とか、薬効とか、味わいとか、歯触りとか、そういうものも色から読み取っている。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM