プーアール茶.com

中茶牌65周年青磚03年 その4.

製造 : 2003年
茶葉 : 雲南大葉種晒青茶
茶廠 : 中国土産畜産雲南茶叶進出口公司
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 磚茶
保存 : 昆明ー上海 紙包密封
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 小さめの蓋碗
中茶牌65周年青磚03年プーアル茶
中茶牌65周年青磚03年プーアル茶
中茶牌65周年青磚03年プーアル茶

お茶の感想:
2003年の10年モノ生茶。
『中茶牌65周年青磚03年』 (卸売部に出品)
かれこれ3枚は崩して飲んでいるけれど、どうやら一枚ごとのムラがあるらしい。目の覚めるような美味しさの一枚もあれば、そこそこの一枚もある。
原料となる晒青毛茶を摘んだ日、茶樹のある山の斜面の上か下か向いている方向はどちらか、製茶の火入れや天日干しの仕上がり、それぞれが茶葉に記録されていて味のムラとなって現れてしまう。それを防ぐために混ぜ合わせてから圧延するのだけれど、同じ茶山の同じ時期に集めた場合は、習慣的にあまりしっかり混ぜない。
ということは、つまりこのお茶はブレンドではないということになる。おそらく西双版納の布朗山のどこかの村だと思うが、ひとつの茶山から茶葉を集めている。
生茶は晒青毛茶の味がストレートに出るからムラが生じやすい。
生活のお茶をつくっていた老舗の「昆明茶廠」を受け継いだ中茶公司のお茶に、1枚ごとのムラなんて気にする人などいなかっただろう。
中茶牌65周年青磚03年プーアル茶
お客様の立場からすると、駄菓子屋みたいに当たり外れを楽しむものじゃないから、ムラがないほうが良いのだけれど、振り返ってみると高級な有名銘柄にもずいぶんムラがあったと思う。当店のオリジナルのお茶にも実は1枚ごとのムラがある。
ちなみに熟茶は製造工程の発酵のところで頻繁にかき混ぜるのでムラがない。
近年の大手茶廠のブレンドモノのお茶にもムラがない。
ティーバッグに入ったお茶やペットボトルのお茶にもムラがない。
「魅力」というものが宿るところを残すためには、キレイにし過ぎちゃいけない部分があるのかもしれない。
中茶牌65周年青磚03年プーアル茶
アタリ!のお茶は、一煎めの蓋碗の蓋から蜂蜜の香りがあふれる。
ハズレ!のお茶は3煎めになってようやくそれが現れる。

ひとりごと:
なじみの新疆の食堂のひとたちがいじめられてはいないかと思って覗いてみたら、ぜんぜんだった。
中茶牌65周年青磚03年プーアル茶
中茶牌65周年青磚03年プーアル茶
むしろ繁盛していた。こんなときこそ頑張る店員さんたちと、民族や宗教の別け隔てなく付き合う人たち。西双版納は急速な発展で変わっているように見えても、人々にはまだ村の感覚が残っている。そもそも近所づきあいのほうが、国や宗教の歴史よりも古いのだ。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM