プーアール茶.com

中茶牌65周年青磚03年 その5.

製造 : 2003年
茶葉 : 雲南大葉種晒青茶
茶廠 : 中国土産畜産雲南茶叶進出口公司
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 磚茶
保存 : 昆明ー上海 紙包密封
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 小さめの蓋碗
中茶牌65周年青磚03年プーアル茶

お茶の感想:
一枚ごとにムラがある。
ほんとうにそうなのか?
だとしたら茶葉のどこかにサインが残っていないか?
その違いを比べてみる。
2003年の10年モノ生茶、『中茶牌65周年青磚03年』 (卸売部に出品)
中茶牌65周年青磚03年プーアル茶
中茶牌65周年青磚03年プーアル茶
中茶牌65周年青磚03年プーアル茶
中茶牌65周年青磚03年プーアル茶
中茶牌65周年青磚03年プーアル茶
結論から言えば、今回はまったく同じ味だった。
こうして2つを同時に飲んでまったく同じ味ということは、ほんとうに同じ味なのだ。人の味覚はあんがい繊細なところもあって、こういうふうな比べ方ではものすごく精密に働くらしい。
結局、1枚ごとのムラではなかった。
崩した箇所のムラだった。
1枚の中に、とびきり美味しい茶葉の部分と、そこそこの茶葉の部分が混じっている。
同じ茶山から採取した晒青毛茶にもかかわらずこのムラがあるのは、古茶樹の証。
西双版納の古い茶山の古茶樹は混成の品種からなる。農地として古いほどその傾向が濃くなる。
そうなのだ。このお茶は古茶樹のお茶。
大衆茶メーカーの「昆明茶廠」がつくった65周年の記念茶(たぶん広州の茶葉博覧会で無料で配ったに違いない)だから安モノとは限らない。2003年はまだ大陸にプーアール茶ブームのくる夜明け前だったから、いろんなところに余裕があったのだろう。
中茶牌65周年青磚03年プーアル茶

ひとりごと:
もしも自分が古茶樹の特性を理解せずに、消費者のことを思ってムラのできることを嫌った商品づくりをしたら、やはり大手企業と同じことをするだろう。大きな資金があれば、品種改良したり、へんなクスリを撒いたりするかもしれない。
「ムラではなくてユレですよ。」
揺れのあるお茶のほうが原生の品種に近くて、もしかしたら世界でもっとも古い品種のお茶のひとつかもしれない。人とお茶との関係がはじまった頃の、そのままの味が残っているかもしれない。
「だから上等なのです。」
というふうに西双版納のお茶の魅力を語れなければ、古茶樹ブームに便乗した商売をしただけで終わるだろう。
現在、大陸では多くのお茶ファンがはじめて雲南の古茶樹のお茶を飲んでみようということで、どんどん売れているけれど、ほんとうにこの魅力を知り得る人はどのくらいいるだろう。他のお茶どころのお茶がつくってきた上等な「基準」みたいなモノサシを持ちだして語られたりするのではないだろうか。
ま、それでいいのだ。
知る人ぞ知るほうが、当店にとっては都合が良いから。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM