プーアール茶.com

中茶牌3917沱茶93年 その9.

製造 : 1993年
茶葉 : 雲南大葉種晒青茶(西双版納孟海地区)
茶廠 : 昆明茶廠
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 沱茶
保存 : 昆明 紙包+竹皮密封
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶

お茶の感想:
新しい生茶を同時にいくつか試飲した。
熟成期間がまだ数年のお茶は、同時にいくつも試飲するのが有効だ。
ところで、
新しい生茶を試飲していて、突然、現在卸売部に出品するような廉価な20年モノの生茶に戻ると、「ひどいお茶だな」と思えてしまうことがある。念を押すが、熟茶ではなく生茶だ。しかも廉価な品についてだ。
今と昔では観点がまるで違うからだ。
近年の生茶は減点評価である。
まず悪いところを探す。悪いところのないものだけが官能評価の段階にすすむが、雲南のお茶づくりにおいて技術的な不足の無いお茶などありえないから、たいがい減点評価をするだけで優劣が決まる。
老茶は違う。
もしも老茶を減点評価すると、ひとつも楽しめないことになる。ひとつひとつの個性が強くて、減点評価では対応しきれないだろう。
例えばこのお茶、『中茶牌3917沱茶93年』(卸売部に出品中)
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
これを現代の生茶の後に飲んだら、焦げ臭いと感じる。
原料の晒青毛茶が焦げているからだ。
(煙味と書いていたが、どちらかというと焦げ味だと今日は思った。)
焦げているからダメだろうか?
焦げにも魅力があるのではないか?
ここから老茶探訪の一歩がはじまる。
当店はこのお茶の焦げ味に魅力があると評価した。他にゴマンとある焦げ味の老茶とは、ひと味ちがうと感じた。
もしもこの味の魅力を、製茶技術の向上した現在に再現しようとしたら、たいへん難しいことになるだろう。それはプロゴルファーに思いがけない方向へ玉を打ってもらうようなものだからだ。
焦げ味は偶然の産物で、二度とつくれない。希少価値があると考えている。
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶

ひとりごと:
なぜ現在の生茶は減点評価なのか?
おそらく、お茶をつくる人たちも、買って飲む人たちも、みんなが減点評価をする機会に恵まれた時代に生きているからだろう。
新しい生茶の試飲は、まさに「正否」を問うような味の見方をしている。その方向なりの蓄積があり、向上があり、成熟があるから、当店もそれなりに研究してゆきたい。
業界全体に大きな成果が現れだしたのは2012年頃からだと思うが、まず、過去のようなひどい出来のお茶が激減した。
しかし、出来の良いお茶については、どのメーカーも差不多。みんな同じような顔をした風味になった。
玉石混交、百花絢爛の時代には、もう戻らないのだろう。
新しい生茶のプーアル茶
新しい生茶はキレイで当たり前。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM