プーアール茶.com

易昌號大漆樹圓茶04年 その8.

製造 : 2004年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山麻黒村大漆樹古茶樹
茶廠 : 農家+易武山の工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 上海 密封
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 小さめの蓋碗
易昌號大漆樹圓茶04年と陳臻號圓茶04年
易昌號大漆樹圓茶04年と陳臻號圓茶04
左: 易昌號大漆樹圓茶04年
右: 陳臻號圓茶04年

お茶の感想:
「陳臻號」(chen zhen hao)という独自ブランドのお茶を売る店が景洪市内にあって、お酒に酔ってふらっと立ち寄ったら、いつのまにか店員のお姉さんに持たされていたサンプルの茶葉。
易昌號大漆樹圓茶04年プーアル茶
小石が入っているな・・・・。
遠い昔、明代から清代にかけて易武山の民間の茶庄がつくっていたお茶には、屋号の「○○號」と名の付くのが多い。「○○號」の中には地方豪族と言えるくらいの財力や兵力まで持っていた家があったらしく、明王朝や清王朝は茶の利権を巡って手を焼いていたのが記録にある。
1950年代にこれら民間の茶庄は消滅する。国の政策によるのだが、なぜそうしなければならなかったか?というと、易武山の古い人から聞く断片的な話をつなぎ合わせると、どうやら茶が一時期国民党の財源となっていたようなのだ。ゴールデン・トライアングルの近くなのだ。だから専売公社制にして、国営のメーカーと国営の販売会社に完全に移行させたかったのだろう。
1990年代半ばから易武山のお茶づくりに民間の投資が許され、2004年に国営メーカーも販売会社も解体されて、完全民営化する。その過程で、「○○號」という古い屋号を継いだような工房やメーカーや店がたくさん出現したが、おそらく全部「複製品」である。家系が継がれたホンモノではない。当人たちに聞くと、「親戚の親戚の・・・」みたいな話をするが、「つまり他人ですね?」と聞き返したことが何度かあった。
それはさておき、
「○○號」の代表的なお茶は易武山一帯の茶葉でつくるのが基本。
最近はそうでない茶葉を混ぜてつくるのが基本となってきているが、昔の基本を守っている業者もある。「陳臻號」のこのお茶、酔っていて忘れたが、当店の『易昌號大漆樹圓茶04年』と同じだと覚えているから、おそらく2004年で、価格も現地で1000元くらいだろう。現地の専門店でこの価格帯のお茶は嘘をつきにくい。それなりに分かる人しか関心がないからだ。空港のおみやげ屋とはちがうのだ。
【易昌號大漆樹圓茶04年】
易昌號大漆樹圓茶04年と陳臻號04年
易昌號大漆樹圓茶04年と陳臻號04年
左: 易昌號大漆樹圓茶04年
右: 陳臻號圓茶04年
10年モノの陳化した茶葉は熱々の湯で淹れる。
湯を注いでフワッと立つ香りに蜂蜜の甘味がある。易武山独特のもの。
口に含むと『易昌號大漆樹圓茶04年』はさらに石鹸のような香りがして、『陳臻號圓茶04年』は甘い蜜のままで変化がない。
どちらも煎が続く。
『易昌號大漆樹圓茶04年』はやわらかな渋味があり、『陳臻號圓茶04年』は甘味が全面的に強い。
香りの違いは茶を採集した山の違いだと思う。易武山の一帯にもいろいろ山がありそれぞれの香りがある。
味の違いは、色に現れている通り熟成の差だと思うが、『陳臻號圓茶04年』はどこで熟成させたのか?おそらく景洪市の店の二階の倉庫だと思うが、次回聞いておこうと思う。
易昌號大漆樹圓茶04年
易昌號大漆樹圓茶04年
陳臻號圓茶04年
陳臻號圓茶04年
茶果(茶の種子)は秋に多いから、もしかしたら秋の茶葉だろうか。そうだったら、香りの弱いのや甘味の強いのに筋が通る。しかし、この小さなサイズの茶果は春の枝にも付いたままになっていることがある。
葉底(煎じた後の茶葉)の弾力がなさそうなのは、餅茶の崩し方が悪かったのだろう。それとも、象明側の小葉種の古茶樹だろうか。

ひとりごと:
そういえば、『易昌號大漆樹圓茶04年』もリピート人気のあるお茶のひとつ。このブログであまり話題にしないし、目立たないけれど、地味に好かれる良いお茶なのだ。
蜂蜜に石鹸の香りが混じる易武山のお茶を、そろそろ探す必要があるのか、それとも西双版納に保存する『易武古樹青餅2010年』にその香りが現れてくれるのを待つか、判断の難しいところだ。
プーアール茶熟成壺
ダイ族の壺は1年待ったが、あきらめて、「上海倉」と同じ壺にする。
こちらのほうがずっしり重い。上海での熟成の具合も上々。「西双版納倉」が稼働する日は近い。もちろん易武山のお茶からスタートする。
ダイ族の窯元は、大きいサイズの陶器は儲からないから作りたくなくなったらしい。南国の人らしいゆるみ感で、前金もすんなり返してくれるから、なにも言うまい。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM