プーアール茶.com

中茶牌65周年青磚03年 その6.

製造 : 2003年
茶葉 : 雲南大葉種晒青茶
茶廠 : 中国土産畜産雲南茶叶進出口公司
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 磚茶
保存 : 昆明ー上海 紙包密封
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 小さめの蓋碗
中茶牌65周年青磚03年プーアル茶
中茶牌65周年青磚03年プーアル茶

お茶の感想:
金継ぎは、
欠けた陶器や磁器を、漆と金箔で繋ぎあわせる技術。
大変な手間だけれど、ものを大事にする心が気持ち良いし、修正後は金色のヒビが入ったような模様ができて美しくもある。
日本の茶道が流行った昔に、器をわざわざ割って金継ぎさせた茶人がいたという話を何かの本で読んだ。おそらくその器はキレイすぎて凡庸だったのだろう。
しかし、その行為は美しくないと思った。作為的で臭い。
老茶のお客様が、
「湿倉のお茶も以前は美味しいと思ったけれど、最近はあまり・・・」ということをおっしゃっていた。
これはもしかしたら湿倉による独特の風味だけでなく、その作為が臭ってしまうのではないのか?
作為のあるのは飽きるし、疲れる。
湿倉にもいろいろあって、ほんとうに具合よく仕上がっているものは魅力的な風味を醸して美味しい。
乾倉でゆっくりありのままに変化したお茶は、アピールは弱くて誘惑もないけれど、チカラが抜けていてほっとする。あえて美味しいと言わせるほどでもないのは、飲む人にどこか優しい。
中茶牌65周年青磚03年プーアル茶
『中茶牌65周年青磚03年』
このお茶は倉庫も包装も特別な工夫はなく、昆明の空気の薄い高地の海抜約1800メートルの乾倉で熟成されてきたから、10年経った今でも老味がはっきり出ていないけれど、2煎め3煎めのどこか遠くで微かにメラメラしているのがわかる。製茶の技術不足による煙味で傷ついた香りの向こうに蜂蜜の甘い色香がほんのり漂うのは、飲む人にわざわざ「甘い蜜の香りがする!」と言わせない程度で、落ち着いている。
香港倉が終わったのは、茶商たちの自覚のないまま熟成の過当競争で作為が臭って、お茶ファンが疲れたのではないのか。
中茶牌65周年青磚03年プーアル茶

ひとりごと:
日本の茶道はどことなく疲れる・・・。
中国茶もこれから競争が加熱して作為のスパイラルに陥って、10年後には疲れると、ここに予言しておく。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM