プーアール茶.com

那カ古樹月光白2014年 その3.

製造 : 2014年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県那卡山古茶樹
茶廠 : 孟海の製茶農家
工程 : 白茶
形状 : 散茶
保存 : 上海密封
茶水 : 京都御所周辺の地下水
茶器 : 小さめの蓋碗
那カ古樹月光白2014年
那カ古樹月光白2014年

お茶の感想:
那卡山の古茶樹には謎がある。
+【那カ山古茶樹 写真】
この地方にはもともと無かったはずの小葉種。
遠い昔に誰かが持ち運んで繁殖したのだろうか?
どんなお茶をつくるつもりだったのか?
那卡山の茶葉にはプーアール茶よりもしっくりする別の製茶方法があるような気がするのだ。
雲南緑茶、雲南紅茶、雲南白茶の「月光白」もそのひとつ。
西双版納は茶樹の原生地ということもあり、
恵まれた自然環境そのものが味や香りに現れる「素質」を大事にしたお茶づくりに特色がある。
古茶樹のプーアール茶づくりはまさに素質を追求する。その観点からすると、月光白はそれほど魅力のあるお茶ではなかった。どちらかというとマーケティング先行のお茶。大手や中堅メーカーにふさわしい製品となるお茶。
しかしこの『那カ古樹月光白2014年』はちがう。
われわれのような小さな業者が手づくりで、しかも那卡山の春の旬の古茶樹を狙って収穫している。それはすなわち、春の旬にもっとも需要のある高級な生茶づくりをあきらめて、白茶にすべてを掛けたということ。常識をくつがえす創造的な仕事に目の覚める思いがする。
このお茶づくりには、夢があり、信じるものがあり、疑う勇気もあり、手間を惜しまない心がある。
那カ古樹月光白2014年
那カ古樹月光白2014年
那カ古樹月光白2014年
那カ古樹月光白2014年
那カ古樹月光白2014年
月光白
月光白
お茶の味もまた目の覚めるような輝きを放つ。
天と地に向かう一本の線を感じて、すっと背筋を伸ばしたくなる。
遠い波のような余韻がつづく。

ひとりごと:
夢があり、信じるものがあり、疑う勇気もあり、手間を惜しまない心がある。
お茶づくりは可能性の追求なり。
もしかしたら、
数百年前に那卡山で同じことを試した人がいたのかもしれない。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM