プーアール茶.com

那カ古樹青餅2014年 その3.

製造 : 2014年04月12日
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県那卡山古茶樹
茶廠 : 漫撒山の工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : ステンレス茶缶
茶水 : 京都御所周辺の地下水
茶器 : 小さめの蓋碗
那カ古樹青餅2014年プーアル茶
那カ古樹青餅2014年プーアル茶
那カ古樹青餅2014年プーアル茶

お茶の感想:
つくりたてから2年くらいの生茶は味が揺れる。
昨日と今日はちょっと違う味になる。
このお茶もそう。
+【那カ古樹青餅2014年】
当店の選んでいる原料の晒青毛茶は比較的揺れる要素を抱えているのが多い。
那カ古樹青餅2014年プーアル茶
那カ古樹青餅2014年プーアル茶
那カ古樹青餅2014年プーアル茶
那カ古樹青餅2014年プーアル茶
那カ古樹青餅2014年プーアル茶
那カ古樹青餅2014年プーアル茶
ときどき味を確かめる。
これを繰り返しているうちに、揺れには波のような規則のあるのがわかってくる。
天候なのか?
月の満ち欠けなのか?
それともその影響で揺れている人の体調なのか?

ひとりごと:
先日、台湾茶道の稽古を見学する機会があった。
いくつか当店のお茶を淹れていただいた。
先生が淹れたり生徒さんが淹れたりして、一席ごとにお茶が変わってゆく。台湾茶をメインにときどき古茶樹の生茶。
一席は4人から8人くらい。
茶器や道具は毎回同じ。
お茶を淹れる手順も同じ。
一煎ごとのお茶の味をみんなで確かめて、つぎの煎にどんな味を出すのか、それにはどんな技術があるのかを考えてみる。
3煎か4煎飲んだら葉底(煎じた後の茶葉)を観察して一席が終わる。
その繰り返し。
まさに「稽古」。
美術関係のいろんな人の出入りする会場で、飛び入りの見学客もいるが、稽古の茶席は人を巻き込み、純粋に観客という立場の人は存在しない。
子供の頃に剣道を習ったことがあるが、その「道場」の雰囲気を感じる。
こういう場での台湾茶は美味しい。ピタッと決まる。お茶席での飲み方を計算してつくってあるかのようだ。
その点、古茶樹の生茶は決まりにくい。お茶席での飲み方をまったく計算していない。まだ年数が経っていない新しい生茶はとくに揺れる。当店のお茶はさらに揺れる。
なかなか淹れ手の思い通りにゆかないかもしれない。飲む人たちの心をザワザワさせるかもしれない。
人の手に負えない自然なお茶なのだ。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM