プーアール茶.com

漫撒生態紅餅2014年 その3.

製造 : 2014年04月12日
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山丁家老寨小茶樹および古茶樹
茶廠 : 漫撒山工房
工程 : 紅茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納 手すき紙+竹皮包み
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 大きめの蓋碗
メコン川
メコン川
メコン川
チェンコーン滞在最後の朝。

お茶の感想:
紅茶づくりにおいて、
どんな風味に仕上げるかをイメージして、
できるだけそれに近付くようにと試みる。
しかし、途中からズレてくる。思ったようにならない新芽の育ち、茶葉の水分、天気、気温、湿度、風、その他もろもろが紅茶づくりの要である軽発酵を揺るがす。それでもなんとか工夫をして、時間を調整したり、加湿したり、保湿したり、天日で干したり、わずかな抵抗を試みる。
その結果、一回ごとに違う風味に仕上がる。
このお茶はそのようにして昨日と今日のが大きく異なった。
『漫撒生態紅餅2014年』(卸売部に出品中)
雲南紅茶
思った通りに管理するために機械化したり設備を整えたりするのではなく、その日その日の美味しさを尊重してみる。雨の日には雨の日の、涼しい日には涼しい日の、風の日には風の日の、・・・・。
神様の選んだ日に生まれた紅茶。
茶摘みの日にそれはもう決まっている。しっかり茶葉を観察して、天気を観察して、製茶での変化を観察して、そのときの神の意向を汲み取るのだ。
雲南紅茶
飲む人もまた神の意向を汲み取って味わえばよいのだ。
我々もまた生まれながらにして十分に個性を持っている。
だから、味わうとはお互いに知ることなり。
漫撒生態紅餅2014年
漫撒生態紅餅2014年

ひとりごと:
西双版納に戻った。
ラオスから国境を超えると雰囲気が違ってくる。
西双版納
西双版納
いろんな民族がごちゃごちゃ居て、人々の営みが山のいたるところにあり、緑からも活気がみなぎる。平地が少なくなり、山を縫って吹くそよ風がやさしく肌を包む。タイ・ラオスのメコン川沿いの、太陽と風の厳しい広い穀倉地帯とは対照的。
お茶という植物はこういうところに生まれて育ったのだなあ。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM