プーアール茶.com

中茶牌65周年青磚03年 その7.

製造 : 2003年
茶葉 : 雲南大葉種晒青茶
茶廠 : 中国土産畜産雲南茶叶進出口公司
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 磚茶
保存 : 昆明ー上海 紙包密封
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 小さめの蓋碗
中茶牌65周年青磚03年プーアル茶
中茶牌65周年青磚03年プーアル茶

お茶の感想:
朝から雨。
しかし音が弱い。
空のチカラが衰えてきて、雨季が終わろうとしている。
雨の日は熟したお茶。
昨日のお茶の煙味の余韻があるうちに、このお茶を飲んでみる。
『中茶牌65周年青磚03年プーアル茶』(卸売部に出品中)
中茶牌65周年青磚03年
中茶牌65周年青磚03年プーアル茶
中茶牌65周年青磚03年
今日改めて味わうと、煙味は軽いが、かなり渋いと感じる。舌や歯茎にシワシワくる渋味。苦味もある。
喉にスースーとメントールの刺激が心地よく、飲んでからしばらく息するごとにスースーを味わえる。茶酔いはまろやか。ふんわり体が包まれる。
熟成10年だから全体的には穏やかだが、しかし、この苦い系統のお茶をしばらく飲んでいなかったので、慣れない。
易武山の甘い系統のお茶に舌が慣れているのだ。
中茶牌65周年青磚03年プーアル茶
上質を求める飲み比べは、同じ系統のお茶でないと意味が無い。例えば、易武山と南糯山のお茶とを比べてみても、自分の好みしかわからない。易武山と易武山のお茶を比べてはじめて良し悪しがわかる。
このお茶なら「下関茶廠」や「昆明第一茶廠」の年代の近い生茶と比べると、煙味には煙味に、渋味には渋味に、苦味には苦味に、それぞれに上等があることが分かるだろう。そうして好きになって、ひとつの方向を専門的に探求すると体が味を覚えてゆく。お茶が自分のものになる。
あの山この山、あの地域この地域、あの製茶この製茶、いろんなお茶を知ろうとすると、頭では知ったつもりになれても、体がついて行かないだろう。
プーアール茶好きだからといって、いろいろ知る必要はないのだ。南糯山のお茶しか知らないエキスパートのほうが、世界のお茶を知る人よりもずっと上等を知っていることもありうる。なぜなら、上等の上のほうはどんなお茶にも共通しているところがあるから。

ひとりごと:
口直しにこのお茶。
漫撒山の甘い系統のお茶。
+【瑶郷古樹青餅2014年】
瑶郷古樹青餅2014年プーアル茶
瑶郷古樹青餅2014年プーアル茶
瑶郷古樹青餅2014年プーアル茶
やはり甘い。そして辛い。渋味にも近いその辛味がヒリヒリする。
新しいお茶は上等なやつほど辛い。熟成したお茶の後はこの辛さに慣れない・・・。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM