プーアール茶.com

易武荒野大餅2013年 その3.

製造 : 2013年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山
茶廠 : 農家+易武山工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納紙包み+竹皮包み
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 小さめの蓋碗
易武荒野大餅2013年プーアル茶
易武荒野大餅2013年プーアル茶

お茶の感想:
辺境のお茶どころとしての長い歴史に培われた社会環境により易武山の人はウソつきなので、このお茶にはなにかカラクリがあるだろうと出品してからも疑いが晴れない。しかし、餅茶の内側に硬く育った「黄片」(一般的にはハネる)を取り除かずに混ぜているくらいで、その他に問題は見当たらない。黄片の様相から見ても早春の茶葉に違いなく、それならむしろ香り高いから、野性味あるお茶としてマイナス要素にはならないだろう。
いちばん警戒したのはブレンド。比較的量産できる台刈りした農地の古茶樹の茶葉を混ぜて、コストを落としているかもしれないと疑ってみたが、一般的な易武山の茶葉よりも格上の質であることは明らかで、格下の茶葉のブレンドは見つけられない。
易武荒野大餅2013年プーアル茶
ただ、ありのままの価格。安くないのだ。
春の4月の有名茶山の古茶樹の、その中でも上質なほうのお茶が秋の10月になっても現地にまだ残っているのは珍しい。理由はひとつ。安くないからだ。
工房は意図してカンタンに売らない方針でいる。新しく建てた倉庫の熟成に自身があるらしく、何年か熟成させて、もっと高く売るつもりかもしれない。
逆に見ると、原料の茶葉の素質に自身があるということかもしれない。
易武荒野大餅2013年プーアル茶
易武荒野大餅2013年プーアル茶
易武荒野大餅2013年プーアル茶
今日はサンプルと餅茶を崩したのとを比べてみた。
(サンプルと製品が異なるのはよくあることだから。)
色の出方がちょっとだけ違ったが、それは采茶の日が異なるとか、採取した茶樹が異なるとか、そのくらいの理由で、飲んでみると味も香りも同じ。製品のほうが香りが良いのは保存状態が良いからだと思う。湿度の低い乾倉の味。
易武荒野大餅2013年プーアル茶
易武荒野大餅2013年プーアル茶
易武荒野大餅2013年プーアル茶
アピールの強いお茶ではない。
これといった個性はない。
そこがまた鑑定を難しくしている。
例えば「落水洞」のお茶は「落水洞」の個性がはっきりしなければ、たとえ本物でもパスする。ところが、このお茶「荒野」は易武山としての個性はあるものの、その一帯の中のどの地域かを特定できるほど際立ったところはない。
水平鍋で炒った特徴の「火味」があることは前回の記事で書いたが、もうひとつ、製茶の工程の「萎凋」の時間が短すぎるという問題がある。
電気もない山小屋に鉄鍋を持ち込んでの作業は、まだ空の明るいうちに殺青を済ませることになるので、おのずと萎凋の時間が短くなる。本当に山奥で作業しているのだ。
萎凋で香りが開いていないから、採取地による香りの特徴が隠れて没個性になる。
静かな表現のお茶。

ひとりごと:
易武山の人はウソつきなので、しっかりお茶の勉強をさせていただける。
これからもこの調子でお願いしますと言いたい。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

お取り寄せについて

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM