プーアール茶.com

巴達山賀松熟茶07年 その1.

製造 : 2007年12月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県巴達山賀松寨生態茶樹
茶廠 : 孟海県恒益茶廠
工程 : 熟茶のプーアル茶
形状 : 餅茶357gサイズ
保存 : 西双版納孟海県
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 大きめの蓋碗

お茶の感想:
1年前に売り切れてから、今になってもお客様の問い合わせが続くこのお茶。
巴達山に行った際に聞いてみたら、まだ数十枚は残してあるとわかって、1枚だけ持って帰って試してみた。
巴達山賀松熟茶07年プーアル茶
巴達山賀松熟茶07年プーアル茶
巴達山賀松熟茶07年プーアル茶
巴達山賀松熟茶07年プーアル茶
晒青毛茶を入れておく袋の欠片が混ざっている・・・。この他、いろんなものが餅茶を崩すと出てくるだろう。
巴達山賀松熟茶07年プーアル茶
巴達山賀松熟茶07年プーアル茶
巴達山賀松熟茶07年プーアル茶
巴達山賀松熟茶07年プーアル茶
美味しい。
スッと喉に落ちる滑らかさ、清らかさ。
この茶葉の生態環境の良さを表わしている。
巴達山賀松寨生態茶園は1930年代に開墾された茶畑。樹齢80年になる。
海抜1800メートルの無農薬・無肥料栽培。古茶樹ではないが、そのへんの台地茶に比べたら透明感があり、旨味が少なく、甘味の消えが早く、キレの良い渋味・苦味で、滋味深く、清潔な味。
このお茶『巴達山賀松熟茶07年』には、2007年4月の春茶が使用されている。
巴達山賀松寨生態茶園
巴達山賀松寨生態茶園
巴達山賀松寨生態茶園
熟茶に求める基準がこの1年間のうちに変わったのかもしれないが、ちょっと気に入らないところがある。
まず、紅茶っぽいところ。
熟茶をはじめて飲む方にはそこが受け入れやすいのかもしれないが、熟茶は熟茶らしくがお茶づくりの王道。白茶なのに紅茶っぽくできた月光白と同じく、つくり手としては評価を下げたい。
つぎに、渥堆発酵の焦げ味。
水をかけて微生物発酵をうながす熟茶づくりの工程の要となる「渥堆発酵」。1ヶ月半から2ヶ月の間に、何度か水をかけるが、水をかけてからまんべんなくかき混ぜる作業をしっかりしないと、一部で水を含みすぎた茶葉が粘着し、「茶頭」と呼ぶ粒状のカタマリになる。そこまでゆかなくても、水分を多く含みすぎたために、空気を吸えない好気性の微生物が活動を鈍らせ、嫌気性の微生物が活発になり、発酵に異なる結果をもたらす。それは黒く焦げた色になりやすい。
巴達山賀松熟茶07年プーアル茶
(葉底の茶葉の形はキレイだが、色のムラは発酵のムラ)
ひとことで言えば、この熟茶は茶頭の風味が少しあるのだ。
紅茶的な風味と茶頭的な風味は関連しているのかもしれないし、たんなる発酵ムラなのかもしれないが、どちらにしても発酵職人の仕事の怠慢だ。と、厳しめの評価をしてみる。
ただ、後味のキレは良いから、失敗ではないのだな。
熟茶のプーアル茶飲み比べ
熟茶のプーアル茶飲み比べ
左: 銷台甲級沱茶90年代(卸売部に出品中)
右: 巴達山賀松熟茶07年
比べるからいけないのか・・・。
しかし、最近当店の出品する熟茶の価格は、初めての人にちょっと敷居が高い。このお茶『巴達山賀松熟茶07年』なら、初めての人を歓迎できるだろう。
お茶の価格は公正。
いったん上のクラスに慣れた方は、このお茶を評価する必要はないというお約束で、最後の数十枚を出品してもよいかと思う。

ひとりごと:
おなじような理由で、
老茶専門の茶商からまわってきた1980年代とされる老散茶のサンプルを却下。1990年代に香港でさかんに行われたブレンド老散茶だった。
樟香老散茶1990年代
樟香老散茶1990年代
樟香老散茶1990年代プーアル茶
樟香老散茶1990年代プーアル茶
樟香の美味しいお茶。
味に濁りはなく、後味もキレイで、よくできたブレンドだと思う。
昔ならそれなりの価格で仕入れたかもしれないが、高級茶価格になる今はできない。
熟茶とか老散茶というのは、もともとは生活のお茶。
毎日毎日飽きずに飲めるという点でのクオリティーが、とことん突き詰められたはずのお茶。「こんな味もあるな」、「面白い味だな」、という一過性の好奇心をくすぐるお茶ではない。
また、味もさることながら、毎日の健康維持という切実な目的が生活のお茶にはあったはず。原料の茶葉が健康に育ったものでなければ医食同源が成り立たない。特にその点で、最近は廉価なお茶に満足できるクオリティーのが見つからない。
はっきり言って、
生活のお茶として利用価値のあるお茶に、今どき安いお茶なんてありえない。
これはつくり手の問題だけではない。
人々が生活のお茶を真剣に求めなくなった。つまり、生活そのものを大事にしなくなった結果だと思う。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM