プーアール茶.com

巴達山賀松熟茶07年 その2.

製造 : 2007年12月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県巴達山賀松寨生態茶樹
茶廠 : 孟海県恒益茶廠
工程 : 熟茶のプーアル茶
形状 : 餅茶357gサイズ
保存 : 西双版納孟海県
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : グラスポット
巴達山賀松熟茶07年プーアル茶
巴達山賀松熟茶07年プーアル茶

お茶の感想:
仕入れるかどうか、このお茶。
『巴達山賀松熟茶07年』
もう少し考えてみる。
舌が肥えたせいか、以前はまったく気にしなかったところが気になる。
意図しないところで副産物的に生じる微生物発酵の結果である「老茶頭」的な風味。
しかし、微生物発酵に人間の管理できる味がどれだけあるというのか。偶然の結果を拾い上げて、その条件を特定していって、再現できるようにして、衛生的に問題がなければそれでよし。好きか嫌いか、それだけなのだ。
味の成り立ちが科学的に解明されるのを待っていたら、世の中のあらゆる発酵食品を食べないまま死ぬことになる。
老茶頭のできるのは発酵職人の怠慢と言ったが、怠慢が独自の好ましい味を生み出せるなら、それもアリか・・・。
老茶頭熟茶プーアル茶
老茶頭熟茶プーアル茶
老茶頭熟茶プーアル茶
老茶頭熟茶プーアル茶
卸売部で販売したことのある大手茶廠の「老茶頭」。
価格の割に美味しいお茶ではあったが、今あらためて飲んでみると、ほんのちょっとだけ嫌な香りが見つかる。安い白酒にあるアルコール臭のような感じ。これを嫌気性の微生物発酵の結果と紐付けるのは気が早いけれど、無いほうが良いと思うのだ。
巴達山賀松熟茶07年プーアル茶
巴達山賀松熟茶07年プーアル茶
巴達山賀松熟茶07年プーアル茶
その点で、このお茶はキレイ。
一煎めを淡く入れるとわかりやすいが、かすかにヨーグレット味(子供の時に好きだったヨーグルト味のタブレットのお菓子)。一煎めにこの風味が感じられる熟茶は、自分の中では高得点。
なぜヨーグレット風味が良くて、安い白酒風味が悪いのか?
この説明は虚しい。
なぜなら経験と勘とで培った個人的なセンスだから。
水平鍋による殺青の焦げ味が美しいというのを、なぜか?と聞く人に(そんな人はいないけれど)説明するのは虚しい。
そこを突き詰めると、当店は「出品」だけが表現手段なのだな。お客様のご意見を聞くフリはしても、本気で聞いてはいないのかもしれない。

ひとりごと:
『巴達山賀松熟茶07年』は、何度かリピートされたお客様もある。ということは、この味が受け入れられていたということだけれど、お客様もまたこの1年くらいで味覚を成長させたかもしれない。期待してもう一度飲んだら、期待したほどではなかったと思うかもしれない。
たぶん自分と同じだろうと想像するしかないのだな。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM