プーアール茶.com

革登単樹秋天散茶2014年 その1.

製造 : 2014年11月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県象明革登山大葉種古樹・単樹 
茶廠 : 革登山農家
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 散茶
保存 : 西双版納 密封
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 小さめの蓋碗
プーアール茶旧六大茶山
プーアール茶旧六大茶山

お茶の感想:
西双版納孟臘県旧六大茶山を巡ってきた。
現在の地名からは易武と象明の2つの地域からなる。
まだ行ったことのない奥地がある。
毎日毎日、朝から晩まで、山から山への移動だった。
旧六大茶山をつなぐ路線は、明代1600年代から清代1800年代にかけてつくられた貢茶の古道。茶馬古道と呼ばれるが、チベットへ征く西南シルクロードの茶馬古道とは違う。目的が違う。お茶も違う。
「貢茶古道」の「易武晒青茶」とでも呼んで分けたほうがよいと思うが、そうはしないのだな。そこが渋い。
古道は、車・バイク・徒歩を組み合わせて5日間かけてもその一部しか巡れない。このことからしても、かつてのお茶どころの壮大さが伺える。
山頂付近では各山のてっぺんが見える。
 プーアル茶旧六大茶山
 プーアル茶旧六大茶山
 プーアル茶旧六大茶山
地図を片手に、あっちが「倚邦山」、こっちが「刮風寨」、だったら右に見えるのは「一扇磨」で、左に見えるのは「革登山」のはず・・・と確認しながら山から山へ。
地元の人たちが現在も利用する生活道と古道とは一致しているところが多い。石畳の道は失われ、馬での輸送もこの数年でなくなって、バイクや車が砂埃を上げて走る。徒歩でしか行けない道や、密林に埋もれて失われた道もある。
旧六大茶山
古茶樹のある山は3つのタイプに分けられる。
ひとつは、清代から現代までずっと農地を保っているところ。
もうひとつは、清代末期に廃れていったん自然の森林に戻っているところ。
そして、この数年で再度開拓されて森林から農地に戻ったところ。
茶樹は環境にとても敏感な植物で、おなじ品種であってもそれぞれの環境にそれぞれの風味を茶葉に宿す。日照・気温・湿度・風・土質・水質・海抜・周辺の植物・虫や微生物などなど、それぞれの条件にぞれぞれの味のお茶ができるから、バラエティーに富む。
「どれが一番良い条件なのか?」
同行した広東人はまっすぐに突き進むタイプなので、ひとつの正解を求めたがるけれど、それは難しいと思う。
今年の夏から秋にかけては例年よりも雨が多く、香りと味のしっかりノッたお茶を探すのが難しかった。
例年なら11月になるともう冬で、茶は芽を出さなくなるが、今年はちがう。しかし茶商はもう山に来なくなって、あちこちの農家に季節の最後の晒青毛茶が余っていた。たくさんの中から選べるチャンスだったが、ほとんどが「水味」の強いお茶で、香りも味もノッていなかった。
森林が深いほど土に水気が多い。その点で日照が確保された農地は比較的乾燥している。農地のほうが味がノルのではないか?と推測した「革登山」のお茶。
推測が当たったのかどうかは不明だが、古い農地のこのお茶は特別に薫った。
革登単樹秋天散茶2014年プーアル茶
革登単樹秋天散茶2014年プーアル茶
革登単樹秋天散茶2014年プーアル茶
革登単樹秋天散茶2014年プーアル茶
一本の大きな茶樹から採取する「単樹」。
11月24日、ハシゴを掛けて、3人がかりで半日かけて茶摘みされた。晒青毛茶になったのは3キロ弱。単樹としては収穫量の多いほうで、このことからも日照の多い農地であることがわかる。
『革登単樹秋天散茶2014年』は、これから卸売部に出品の予定。
革登単樹秋天散茶2014年プーアル茶
革登単樹秋天散茶2014年プーアル茶
革登単樹秋天散茶2014年プーアル茶

ひとりごと:
昔のお茶の再現というテーマにおいて、自分よりもずっと先をゆく試みをしている人に山で出会った。
清代末期に廃れていったん自然の森林に戻っていた農地で、樹齢何百年の古茶樹がたくさん生きて残っている。近年に乱開発されかけた森林の借地権を買い取って、理想の生態環境を戻しつつ、その山に建てた山小屋で手づくりのお茶をつくる。山小屋が必要なのは、その森林が徒歩で3時間半もかかる山奥だから。雇用人だけで森林を管理して、お茶をつくり、市場の乱れに影響されやすい農家は介入させない。
ひとつの正解を探すのではなく、ひとつの答えを出す試み。
旧六大茶山のお茶
旧六大茶山のお茶
旧六大茶山のお茶
ひとつの答えを出すためには、別の可能性を探るのをあきらめないといけない。
それはけっこう勇気がいる。
たとえ理想の環境で理想のお茶づくりが実現できても、銘茶は美人。生まれながらの素質にはかなわない。わかっていても、それでも自分なりの答えを出してみたいのだな。
はじめからわかっていることなら、答えを出してみる価値もない。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM