プーアール茶.com

無名烏龍茶2013年 その3.

製造 : 2013年春
茶葉 : 茶山不明
茶廠 : 不明
工程 : 烏龍茶
形状 : 散茶
保存 : 密封
茶水 : 京都御所周辺の地下水
茶器 : チェコの陶芸作家マルちゃんの茶壺
雨の日

お茶の感想:
「良いお茶とはどんなお茶?」
と聞かれたら、
「知恵の詰まったお茶です。」
と答えたい。
知恵をどうやって相続するかが難問だから、物質化して茶になったのだ。
いろんな知恵があるから、いくつものお茶に分かれたのだ。
理解するのに時間がかかるから、喫茶が習慣となり、道を得たのだ。
今日は上海人のお茶ファンから説明もなく頂いた烏龍茶。
無名烏龍茶2013年
残り最後のひとつまみ。
+『無名烏龍茶2013年 その1.』
広東省の鳳凰単叢に似ている。
「無い味」と表現したい内気なお茶。
無名烏龍茶2013年
無名烏龍茶2013年
プーアール茶の観点と烏龍茶の観点は違う。
自然に対する人間の立ち位置が違う。
茶葉に求める性質が違う。
製茶における「火」との付き合い方が違う。
烏龍茶で「無い味」を表現するのは、しっかりした意思があると思われる。
ちょっと前までこうした作為のあるお茶は、わざとらしいと否定的に捉えたが、今は違う。
それぞれのお茶の持って生まれた境遇というか、宿命というか、その立ち位置を理解しようとしている。
隠れた知恵を発掘したいと思う。
無名烏龍茶2013年

ひとりごと:
マルちゃんの茶壺を「好日居」に預けた。
マルちゃんの茶壺
マルちゃんの茶壺
プーアール茶ドットコムのお茶を淹れるという条件で使えるようにした。
中国へは持ってゆかない。
ちょっと寂しいけれど、そうしないと仕事の気分になれないような気がした。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM