プーアール茶.com

中茶牌3917沱茶93年 その11.

製造 : 1993年
茶葉 : 雲南大葉種晒青茶(西双版納孟海地区)
茶廠 : 昆明茶廠
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 沱茶
保存 : 西双版納 紙包+竹皮密封
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 白磁の蓋碗
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶

お茶の感想:
冬の京都で交流したチェコの陶芸家マルちゃん(マルティン・ハヌシュさん)と、茶器と茶葉を交換した。そのひとつ。
『中茶牌3917沱茶93年』(卸売部に出品中)
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
製茶に問題がある。
カタチも残らないくらい粉砕された茶葉。
「殺青」(鉄鍋炒り)の焦げた風味。
20年ほど熟成されて、ウィスキーの樽のような香りが今となっては魅力だけれど、出来たての時は飲めたものじゃなかっただろう。
だから今もこうしてこの価格で残っている。
年代モノのプーアール茶は、高級茶と大衆茶とがはっきり分かれていて、大衆茶が今も残っているとしたら、どこかしらドラブルがあるに違いない。
それを承知で出品している。
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
しみじみ美味しいお茶だと思う。
しかし、ちょっと扱いを間違えると、嫌な焦げ味が強くなる。
お茶淹れの技術というほどでもないが、公道杯(茶海)の底に溜まる粉々が浮き立たないよう、そーっと上澄みだけを注ぐこと。
それだけでずいぶん柔らかい味になる。焦げの苦味が舌に残りにくくなる。
このことをマルちゃんに、お茶を淹れて見せて伝えた。
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
中茶牌3917沱茶93年プーアル茶
「茶葉とのリレーションシップのつくり方を学んだ。」
と、マルちゃんは言った。
器にもそんなのところがあることを話をしてくれた。使い勝手のよい機能的な器だけが、好きになれるとは限らない。
マルちゃんの器を手にするときに感じる味わいは、もしかしたら、ちょっとだけバランスが悪かったり、ちょっとだけ持ちにくかったり、そんなところから来ているのかもしれないな。
お茶もまた、優等生だけが好かれるわけではない。
欠点を個性と見て、その良いほうの味わいを意識して淹れる。
それができたら無敵。もうこのお茶はなにかと比べる必要のない、世界にひとつの私のお茶。私の味わい。

ひとりごと:
京都でインスピレーションをいっぱい受けて、はやくチェコに帰って仕事したそうだったマルちゃんは、今頃チェコで土まみれになっているのだろうな。
チェコの陶芸作家マルちゃんの茶壺


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM