プーアール茶.com

章朗古樹春天散茶2012年 その1.

製造 : 2012年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県巴達山曼邁寨古茶樹
茶廠 : 農家+孟海の茶廠
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 散茶
保存 : 袋密封
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 小さめの蓋
章朗古樹春天散茶2012年プーアル茶

お茶の感想:
このお茶が美味しい。
今まさに花開いている感じがする。
『章朗古樹春天散茶2012年』(卸売部に出品中)
上海に立ち寄った際に長期保存中のこのお茶を試飲したら、目の覚めるような美味しさだったので再出品した。
蘭香がすばらしい。お茶というより花が薫る。
西双版納に残していたサンプルの茶葉も、今日飲んでみたら同じように開いた感じがする。
蓋碗の高速淹れがおすすめ。
章朗古樹春天散茶2012年プーアル茶
章朗古樹春天散茶2012年プーアル茶
散茶の茶葉はかさが大きいので、ちょっと多めに見えるくらいがちょうどよい。
サッと熱湯を通して一瞬で切ること。
蓋碗の中でじっくり煮出さないこと。
色が淡くても大丈夫。茶葉のチカラを信じるべし。
蓋碗という茶器は高速淹れを得意とする。
茶海(公道杯)があれば、茶湯をいっきに移すことができる。
章朗古樹春天散茶2012年プーアル茶
章朗古樹春天散茶2012年プーアル茶
一煎一煎が一番だしになる。
3煎めくらいから花の香が茶の香りに変わってゆく。その変化もまた味わい。
蓋碗の扱いに手が慣れない人は、ちょっと湯の温度を下げるとよいだろう。少々手間取っても濃くなりすぎることはない。
(蓋碗は指を火傷しないよう口の開いたカタチのを選ぶこと。)
茶海から茶杯にもすぐに注ぐべし。茶杯に入ってからもすぐに飲むべし。
温度が下がりやすい薄手の茶杯のほうが、熱くなりすぎなくてよいかもしれない。
いつまでも杯に茶を残しておくと新鮮味が落ちる。
章朗古樹春天散茶2012年プーアル茶
パッと淹れてサッと飲むべし。
茶葉に熱をこもらせないよう、一煎一煎茶葉をちょっと浮かせて熱の蒸気を逃すとよいだろう。
章朗古樹春天散茶2012年プーアル茶
あと2年も経って、さらに熟成変化がすすめば、違う淹れ方で別の魅力が引き出せるかもしれないけれど、今はこの高速淹れが一番と思う。

ひとりごと:
茶葉によってお茶の淹れ方を変えるのが良いと思う。
ひとつひとつの茶葉の性質を見て・触って・嗅いで理解する。
その話をして、北京の愛好家に実践して見せたはずなのに、
+【曼松古樹黄片小餅2014年 その3.】
北京に戻ったら周りの友人たちに感化されて、すべてのお茶について高温でじっくり煮出すほうが、あらゆる隠れた味が出てきて観察できるので良いと言いだしている。
茶商の品定めと、お茶を美味しく淹れるのとは違う。
わからないかなあ。
お茶を淹れる。お茶を飲む。
そこに独自の工夫や技術を見つけて、生活に馴染んだ自分たちのものにしてゆく。
産地と消費地とが離れていても喫茶文化は発祥しているのだ。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM