プーアール茶.com

巴達山賀松熟茶07年 その3.

製造 : 2007年12月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県巴達山賀松寨生態茶樹
茶廠 : 孟海県恒益茶廠
工程 : 熟茶のプーアル茶
形状 : 餅茶357gサイズ
保存 : 西双版納孟海県ー景洪市
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 小さめの蓋碗
巴達山賀松熟茶07年プーアル茶
巴達山賀松熟茶07年プーアル茶

お茶の感想:
ひとつひとつの茶葉の性質を見て・触って・嗅いで理解する。
茶葉の個性を尊重するようにお茶を淹れたら、お茶が喜びを味で表現してくれる。
愛する者は愛される。道教の相対性理論なり。
今日はこのお茶。
『巴達山賀松熟茶07年』(卸売部に出品中)
このお茶は、この価格帯の熟茶にしては珍しく純粋なところがある。
まず、ひとつの山のひとつの村から茶葉が集められている。
そして、春の旬の期間に若葉が多く集められている。
さらに、一軒の製茶農家による製茶のみで晒青毛茶が仕上がっている。
なお、メーカーでの渥堆発酵後に等級分けやブレンドがされていない。
巴達山賀松熟茶07年プーアル茶
もともと熟茶は生活のお茶。
大量生産して廉価な品をつくるためにいろんな工夫がされている。
茶葉やあちこちの山から晒青毛茶を集めて、メーカーがストックしておいて、一定量が溜まったら渥堆発酵されて、等級分けして、ブレンドして、圧延加工して、製品となる。
当然いろんな山やいろんな製茶業者の茶葉が混じる。宮廷散茶のように新芽・若葉が篩にかけられても、元の茶葉の地域や季節はひとつではない。
だからこのお茶はちょっと個性のある熟茶なのだ。
巴達山賀松熟茶07年プーアル茶
等級分けしていないにもかかわらず新芽・若葉が多く、しかも雨の季節ではなく春の旬であるのは、どちらかというと生茶向けの茶葉で、そこそこの値段がつくお茶になる。
大手メーカーの最新設備による加工ではないから、茶葉には山の農家での異物混入があるかとは思うが、それはお茶の品質とは関係がない。
さて、このような旬の新芽・若葉のお茶は、生茶であろうが熟茶であろうが、熱湯を注いだらサッと切って、透明な色を保って、姿の見えない香気や茶気や余韻を尊重したほうが美味しい。じんわりゆっくり旨味を抽出しようとすると冴えない味になる。
巴達山賀松熟茶07年プーアル茶
巴達山賀松熟茶07年プーアル茶
巴達山賀松熟茶07年プーアル茶
慣れてきたら、もうちょっと味を尖らせてみたいなと思うことがある。
春の旬の茶葉は、味を濃くしてエッジを効かせるではなくて、茶気や香気を立ててエッジを効かせる。

ひとりごと:
お茶を美味しく淹れようとするあまり、濃い薄いだけに囚われているケースが多くないだろうか。たしかに、ちょうどよい濃さに淹れたら美味しい。けれど、時には目の覚めるような味や、逆に眠たいような味が、面白いこともある。
ひとつひとつの茶葉の性質を理解していたら、今日はどんなお茶をどういうふうに淹れるのが美味しいかわかるようになる。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM