プーアール茶.com

瑶洞古樹散茶2015年 その1.

製造 : 2015年3月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山瑶洞古茶樹春茶
茶廠 : 農家
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 散茶
保存 : 西双版納密封
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 小さめの蓋碗
瑶洞古樹散茶2015年

お茶の感想:
プーアール茶の古茶樹ブームは、自然栽培の魅力が背景にある。
しかし、自然栽培にもいろいろなタイプがある。
無農薬・無肥料だったらとか、剪定や鍬入れをしなかったらとか、明確な定義は無いはずだ。
栽培に人の手が加わるほどに際立ってくるお茶の味や香りは、むしろ多くの人にとってわかりやすい美味しさになる。濃厚な味、華やかな香り。
これを自然栽培の賜物として肯定的に捉えるのは、烏龍茶の思想だと思う。
烏龍茶づくりにおける品種管理の重要性は、その思想を明確に表している。品種管理は人工的な行為なのに、自然栽培なのだ。
だったら逆に、人の手をもっと否定的に捉えるプーアール茶の思想があっても良いじゃないかと思う。
例えば、実生で育った品種でしか自然栽培と認めないとか、あるいは、周囲3キロメートルに人家や農地のまったく無い森林の中のお茶だけが自然栽培とか。そこまで極端な自然のあり方をお茶の味で表現できるのは、プーアール茶ならではだろう。
この観点からすると、近年の古茶樹の生茶のプーアール茶に求められているのは、烏龍茶的な美味しさであり、実際に、現場でじわじわとすすむ改善は、まさに烏龍茶が過去に辿ったような道なのだ。
自然栽培の条件を都合良くつくれるかどうか、人の口に合うかどうか、コストパフォーマンスは良いかどうか。市場は経済ばかり求めて、自然栽培についての思想はない。
その流れから外れたい。
人と自然の在り方について考える機会をつくれるお茶。そういうお茶を発掘して、世に問いたい。
ただ、やはり全体の流れから外れるのは難しい。現場の人々の抵抗を感じる。妥協もしながら、のらりくらりと、いつのまにか自分の思想を反映させてゆくように、ソフトにやってゆこうと思う。
『瑶洞古樹散茶2015年』(圧餅して『瑶洞古樹青餅茶』として出品予定)
瑶洞古樹散茶2015年
2013年に『漫撒古樹青餅2013年』の「緑印」として出品したお茶と同じ。
農家の趣味的で、森林の中の30本ほどの古茶樹を、ほとんど手を加えない状態で放置している。冬に草刈りをするだけ。春に一度しか摘まない。というか摘めない。山道が悪くて、地面の乾く乾季にしか入れない。隣の農地が遠くて、道は自分の農地のためだけにあるから、自分で整備しない限り草が育って道を塞ぐ。さらに、雨の季節は毒蛇とか山蛭とか面倒なのだ。
今年2015年の春の収穫は、晒青緑茶に加工して6.5キロのみ。
まだこの茶樹を自分の眼で見れいていない。(この時期は別の山に行くから。)
けれど、茶葉の様子からだいたい想像できる。
土壌に水気が多いらしく、よく育っている。
茶地として一等地ではない。二等地といったところか。
自然栽培の割に早い時期に新芽を出すのはそのせい。また、農家が収穫量を増やすために、ちょっと成長し過ぎのタイミングで采茶される。そのため、渋味や辛味の刺激が強い。
瑶洞古樹散茶2015年
瑶洞古樹散茶2015年
今年のはちょっとカライいか・・・。
この刺激のあるのは空腹時に飲むと胃を削る。
せっかく滋味の奥行きがあるのに、味に透明感を出せないのは惜しいと思うが、農家に采茶を任せるので仕方がない。次回はもっと若い新芽・若葉で摘むようにお願いしたい。
農地や周囲の樹木の伐採を控えているはずだが、今年のはちょっと日当たりの良いところの味がする。甘味や苦味に涼しさが足りない。早春の後半に雨が降って採取できず、雨の降る前の、日当たりの良い所に先に出てくる新芽・若葉しか採取できていないから、これも仕方がない。
そのかわり、今年はちょっと香りが強い。もともと草っぽくて素朴な香りだが、蓋碗の蓋や杯の底にひそかに甘い桃が薫る。
この囁きが美しい。ありのままが美しい。
漫撒古樹青餅2013年
漫撒古樹青餅2013年
『漫撒古樹青餅2013年・緑印』
2013年は製茶がやや荒いが、素質は良い。熟成具合も良い。
香りはちょっと内気すぎて、わかる人にしかわからない感じ。

ひとりごと:
ダイ族の年越し「撥水節」がはじまった。
山里からダイ族の美人たちが景洪の町に降りてくる。
ダイ族の若い女性は小顔で骨の細いなよなよした感じ。おばちゃんは太ってちょんまげをするから相撲取りみたいになるけれど・・・。
さ、見に行こ。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM