プーアール茶.com

香椿林単樹春の散茶2015年 その1.

製造 : 2015年03月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)香椿林
茶廠 : 漫撒山の工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 散茶
保存 : プラスチックバッグ密封
茶水 : ミネラルウォーター農夫山泉
茶器 : 小さめの蓋碗
香椿林単樹春の散茶2015年
香椿林単樹春の散茶2015年

お茶の感想:
地球上にはいろんな植物が生きていて、その中でも人に好かれる植物は、もっと好かれるように変化することによってますます繁栄している。
米・麦・綿花・トウモロコシ・ジャガイモ・トマト・・・・・茶。
世界中に繁栄した植物は、ある意味で世界征服に成功しているのである。
人は植物を養っているつもりかもしれないが、実のところ人は植物に養われているのである。
人は植物を品種改良してきたつもりかもしれないが、実のところ植物が人を利用して品種改良をさせて、繁栄を勝ち取ったのである。
そう考えると、栽培に人の手が加わるほどに、お茶の味が人に好かれる風味となってきた品種改良の歴史は、不自然と見るよりも、自然のなりゆきと見たほうがしっくりくるのかもしれない。
野生茶やそれに近い自然栽培のお茶に、人に好かれる風味を求めるのは矛盾していることになる。
香椿林単樹春の散茶2015年
このお茶『香椿林単樹春の散茶2015年』は、深い森の甘いお茶。苦味・渋味がほとんどない。
しかし、ほんの少しだけで気付かないと思うが、人に好かれないある種の風味を持つ。野生の棘味。エグ味とも言える。この味をもつお茶は、当店ではとりあえず野生種の血が濃いと見て、日常に飲むお茶にはしない。
「香椿林」は地名で漫撒山の一帯に所属する。
漫撒山の単樹だから、もちろん森の中の一本。他の木々の陰に生きるお茶。
同じく漫撒山の「弯弓」や「一扇磨」のほとんどの茶樹を野生種としないのは、人に好かれる飲みやすい風味であることや、どんなに深い森に生きていたとしても、貢茶で栄えた時代の200年以上前に、明らかに誰かが茶を摘んだ形跡である枝分かれや歪曲、そして何十年かに一度は台刈りしたであろう幹の分岐があるからだ。これを栽培種と見る。すごくカンタン過ぎる見方だが、あんがい的を得ているのだ。
采茶(茶摘み)に立ち会っていないが、茶樹の様相はだいたい想像がつく。人に好かれないある種の風味をもつお茶は、これまでに西双版納の山々で何度か出会ってきたが、共通点として、昔に人が茶葉を摘んだ形跡である枝分かれや歪曲が少なく、幹が分岐しないでスラっとまっすぐ上に伸びている。
野生茶
この写真の茶樹の感じに似ているはず。
なぜこのお茶を出品するかというと、野生種と栽培種の中間くらいの味だから。
人に好かれない風味がかなり薄れていて、美味しく飲めて、ちゃんとお茶のお茶たる味がする。
こういう曖昧なのが面白い。
茶と人との関係がはじまった西双版納において、野生か栽培か?自然か不自然か?プーアール茶はどっちを目指しているのか?とか、いろいろ考えさせられるが、迷ったときには、この曖昧なお茶にホッとする。
たぶん中間の存在を許しているからだろう。
香椿林単樹春の散茶2015年

ひとりごと:
2010年のオリジナルのお茶をじわじわ値上げしている。
日本で売れ難くなるだろうけれど、上海で売る。この価格にはちゃんとした理由があり、直接説明する機会があればきっと理解してもらえる。
お茶をつくるのは、産地が半分、消費地が半分。
消費者の求めるお茶しか、結局はつくったり売ったりできないのだ。
「號級」や「印級」に匹敵する高級茶をつくりたいが、それは、求める人達があってのこと。
上海や北京の若い世代のお茶ファン。30代から40代くらいで、収入も教育もあるこの人達が求めるのは、素なお茶。
高級とするなら「高級ってどういうこと?」をいろんな角度から叩いて叩いてホコリを落とした、素っぴんのお茶である。
企業が好きなブランドとかマーケティング。消費者の求めるステイタスとかお得感。つくり手のエゴ。そういうお化粧は要らない。なにかを犠牲にする結果には、うんざりしているからだ。
過去の銘茶の復元ではなく、新しい高級茶ができるだろう。
望むところだ。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM