プーアール茶.com

易武春風青餅2011年 その10.

製造 : 2011年12月(采茶3月)
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山麻黒村大漆樹古茶樹
茶廠 : 農家+孟海の茶廠
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納―上海密封
茶水 : ミネラルウォーター農夫山泉
茶器 : 小さめの蓋碗
易武春風青餅2011年
易武春風青餅2011年
易武春風青餅2011年

お茶の感想:
春風をさらに値上げさせていただいて、
1,000円の崩したサンプルの出品を止めた。
日本円の価格は人民元のレートに合わせたから高く感じるだろう。
【易武春風青餅2011年】
残り14枚。
今後このお茶は自分がお客様に直接お茶を淹れて、試飲して頂いて、しっかり説明する。そういう機会をつくりたい。でないと申し訳ない。お客様にもお茶にも。説明する価値のあるお茶。そのコストもお茶の価格に含めたほうがよいと思う。
山の環境。茶樹の健康。栽培方法の利点と欠点。品種的な特性。茶摘みのタイミングと製茶の関係。などなど、すべてにおいて追い風の吹いたお茶だった。しかし、追い風が吹いていたと判ったのは、その後の4年間をほとんど逆風の中で過ごしてからのことだ。プーアール茶は保存熟成するので、現物が手元に何年も残る。試飲を繰り返して、お茶づくりの過程を後から何度も反芻して、理解を深めてゆくことができる。
易武春風青餅2011年
上海でいちばん難しいお客様の楊姐に1枚お求めて頂いた。最初の試飲からお求め頂くまで、ほぼ約1ヶ月、質問と回答のラリーが続いた。楊姐は慎重派だから、最初の1枚を自宅で何度か試飲したのだろう。その3日後にもう1枚追加でお求めいただいた。
そんな感じが理想。
ぜんぶのお茶と全員のお客様にそうしたいくらいだ。
誤解のないように補足すると、このお茶は完璧だから良いのではない。欠点もある。技術不足もある。そこがクリアーに解っているということ。そして解釈の角度を変えることで見える輝きを見つけているということ。
そこが良いのだな。
今になっていろいろ解ったとしても、次回はもっと上手につくれるか?というとそうはゆかない。気候とか、環境とか、市況とか、人の問題とか・・・。そのことを知るのに4年かかっているように、お客様の理解にもまた時間がかかる。時間をかけることに価値があると思っていただけたら、このお茶はまだ高くないのだ。
この文章を書きながらふと気付いたのだけれど、大漆樹のおじいは春風が最後だった。
易武春風青餅2011年
時計の時間は繰り返しだけれど、実際は繰り返さないで遠くへ流れるだけなのだ。

ひとりごと:
上海忙しすぎ。
すごいスピードでお茶が売れて、お金が流れ出てゆく。
いろんな人と交流してお茶を飲んで会食して、睡眠時間を削ってでも働いて消費して。
若い頃はこんなのに充実感があったけれど、今はそれはない。
お金と時間の追いかけっこに興奮しているだけ。
なにの創造もできない。
なにの思想もない。
サルと同じ。
冷たくそう見ている。
参加しないでおきたいけれど、ひとりだけそうさせてもらえないのが経済社会。
やはり付き合うしかないのだ。
お茶づくりは産地が半分。消費地が半分。
彼らは良いお茶を知っている。たぶんそれは世界でもトップレベルだ。
例えば、日本酒が日本人に認められないままいきなりフランス人に認められたら、それはたぶんちょっとちがうものなのだ。
上海のお客様にビシッと鍛えられよう。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM