プーアール茶.com

丁家老寨青餅2012年 その17.

製造 : 2012年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)丁家老寨古茶樹
茶廠 : 農家+漫撒工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 上海 紙包み 竹皮包み
茶水 : ミネラルウォーター農夫山泉
茶器 : 小さめの蓋碗

お茶の感想:
上海の友人の店でこの2つのお茶。
【易武古樹青餅2010年】
【丁家老寨青餅2012年 】
タイプの異なる栽培方法。
お茶の味にどんな違いが現れるのか、また、それぞれに適した泡茶方法はあるのか、そこを探ってみよう、としていたら、たまたまパッとひとりのお客様が入ってきた。
知らない顔で、常連様ではなかった。
それでもいっしょに飲むことになった。
生茶のプーアール茶のことはよく知っている様子で、あまり説明はいらない。30代後半くらいの女性で、この世代は老茶を知らないから新世代プーアール茶の勉強をしている。テレビ番組、雑誌、お店の試飲会、ネットの評論、いろいろ勉強の機会の多いのが新世代プーアール茶。
飲んでいて、渋味のあるのは良くないと言い出した。
丁家老寨青餅2012年
丁家老寨青餅2012年
ワインの教室でテイスティングの勉強もしていて、渋味のあるワインは高級ではなく、有名銘柄のは渋味がほとんど無いと言うのだ。
渋味にも上質があり、上には上がある。
ワインのことは知らないが、おそらく葡萄の樹だけでなく栽培や農地だけでなく周囲数キロメートルの自然環境まで、あるいは地球全体もが関係して渋味の上下をつくるだろう。
でも、ワインの教室ではそこはパスなのだろうな。
理解に時間のかかることは、教えるのが難しいから。
新世代プーアール茶の理解とちょっと似ていると思った。
理解を急ぐとお茶を味わえなくなる。
それはカンタンなこと。
カンタンなこともまた誰も教えない。教えても虚しいから。
ほんとうの勉強はどうしてもひとりで道をゆくことになる。みんながそうすることになる。

ひとりごと:
上海でスマートフォンを買った。
3日で大嫌いになった。
スマートフォン
さよなら。
昔のボタン式のに戻す。電話とショートメールしかできない。それで十分。
あるお客様から、中国でお茶をつくって売りたいなら、微信(中国のSNS)で情報を発信して、友達増やして、注文をとって、支払い・入金の機能をつかって・・・・と説得された。
「だから邪魔なんです・・・。」
と答えたら、すごく納得していた。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM