プーアール茶.com

南糯山神青餅2011年 その6.

製造 : 2011年12月
茶葉 : 雲南省西双版納南糯山老Y口寨古樹2010年秋茶2011年春茶
茶廠 : 農家+孟海の茶廠
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 上海 密封
茶水 : ミネラルウォーター農夫山泉
茶器 : 宜興紫砂茶壺
南糯山神青餅2011年

お茶の感想:
プーアール茶の生茶は種類がたくさんあり、価格差があるので、その理由が気になるだろうけれど、ぜんぜん気にしないで自分の好きなお茶を見つけてほしい。
今日のお茶。
+【南糯山神青餅2011年】
当店のオリジナルでは比較的安い生茶。
この3年間ほとんど値上げしていない。
茶葉の市場価格の高騰や物価の上昇、さらに為替の変動をあわせてみたら、実質価値は半額以下になる。
南糯山のお茶の評価を個人的に下げたのだ。客観的評価ではない。2014年の南糯山のお茶の市場価格は2011年から2.5倍にまで上がっている。
うまく説明できないけれど、お茶の味に天然から人工へと傾いてゆく品種的な性質の変化が現れていると思う。
その味は濃い。残る。(消えが悪い)
自然栽培な上質の条件、古い地層・高い海抜・水質の良さ・無農薬・無肥料・農地の少ない手入れ・茶摘みの回数の制限・采茶の時期・・・・・・。そういうふうに説明できる範囲では、このお茶はすべて合格点。
そして美味しい。
上海のお客様も好む人が多い。
南糯山神青餅2011年
南糯山神青餅2011年
南糯山神青餅2011年
南糯山神青餅2011年
南糯山神青餅2011年
でも味は濃い。残る。
消えの早いのが上等。
最近このブログでもよく言う味の傾向は、周囲の広範囲にわたる環境が影響する。どうやらそうらしいというのが、自分の中ではっきりしてきている。
南糯山は単独の山頂があり連なる峰が少ない。周囲をダイ族の水田地帯の盆地が囲む。その盆地が今、水田を失いつつある。サトウキビ、バナナ、天然ゴム、漢方薬材のハウス栽培、別荘地の開発。
盆地が乾燥して、その乾いた風が南糯山の上へ届く。
南糯山は今でも緑いっぱい。見た目にはなにの問題もない。けれど、数キロから十数キロ離れた盆地の乾いた風はお茶の味に影響する。お茶の味は人の身体に影響する。
機会があれば南糯山のお茶を、西双版納以外の地域のお茶と比べてみてほしい。他の地域と比べたらそれでもまだ消えの早い清涼感のある味が確かめられると思う。
濃い味。残る味。これは地域全体における環境変化を表わす。

ひとりごと:
あくまで個人的な見解である。けれど、肌で感じている確かなこと。
言葉で説明できることなどほんの一部なのだ。
ひとりひとりが、言葉に洗脳されずにお茶の味を自分の身体で感じて理解してゆくのがよいと思う。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM