プーアール茶.com

7582大葉青餅70年代 その3.

製造 : 1976年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山麻黒村古茶樹
茶廠 : 西双版納孟海茶廠(国営時代)
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 香港ー広州ー上海 密封
茶水 : ミネラルウォーター農夫山泉
茶器 : 小さめの蓋碗
7582大葉青餅70年代

お茶の感想:
昨日の茶芸教室で、
「なにか老茶を飲ませて!」
とリクエストされたので、上海の事務所にちょっとだけ残っていた茶葉を持って行った。
「内飛」と呼ぶ餅茶に埋め込む紙キレを残すために、周りの茶葉をいっしょに削って密封保存していたのだった。
銘柄を書いていない。
内飛のデザインや文字の印刷で、どのお茶かを特定できるけれど、過去の資料からそれを探すのは面倒。
+【過去に紹介したプーアル茶】
飲めばわかる。
ということで、調べもせずにお茶を飲んだ。
湯を注いだ瞬間に立ち昇る陳香。
お茶の神様が降りてきた。
めまいするほどの美味しさ。
みんなクラクラしていた。
孟海茶廠の内飛があるということは印級のお茶。印級の中でもここまでしっかり熟成しているのは香港倉庫の1970年代だろうということで、ぱっと思いついたのがこのお茶。
+【七子紅帯青餅】
茶葉の等級が小さめというのも判断材料にしたかもしれない。
帰ってからこのページを見たら、内飛は無いと書いてある・・・。
今朝もう一度、最後の一泡分を飲んで確かめる。
7582大葉青餅70年代
7582大葉青餅70年代
7582大葉青餅70年代
7582大葉青餅70年代
それで、このお茶と特定。
+【7582大葉青餅70年代】
知ったかぶりはアカンな。
「ふじもと店長はさすがだなー」とみんなを感心させておいて、おもいっきり滑った。
配方(ブレンド)のお茶はみんな似ているから仕方ないと言い訳しておこう。

ひとりごと:
上海の坊が僕のことを「叔叔」と呼ぶから、それが周囲にひろがってお茶関係のみんなも「叔叔」と呼ぶようになった。
でも、たしかに周囲の年齢層が下がって、というか自分が年を取って、叔叔のポジションにいるのだ。
いい叔叔になろう。みんなが自慢できる叔叔になれるよう、いい仕事をしよう。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM