プーアール茶.com

丁家老寨青餅2012年 その10.

製造 : 2012年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)丁家老寨古茶樹
茶廠 : 農家+漫撒工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶 (サンプル散茶)
保存 : 西双版納 紙包み 竹皮包み
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 大きめの蓋碗
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
丁家老寨青餅2012年プーアル茶

お茶の感想:
午前2時に眼が覚める。
二夜連続でお茶している。
季節の変わり目に身体のリズムが崩れたのだろう。
夜はどういうわけか、飲みたいお茶も違えば、昼との味わいも違う。
夜の光。夜の気配。夜の空気。夜のもの音。夜の身体。夜の思考。
プーアール茶は「陰」のお茶。
そんなに薫り立つわけでもないし、鮮やかな花に例えるほどの華やかさはない。青茶(烏龍茶)を「陽」とするなら、たしかに生茶は「陰」の味。
底からじわじわとくる滋味。外側からではなく内側から吐く息に薫る香り。しんとした夜にこそ、そのかすかな声に耳をかたむけられる。夜の静かな部屋には、一瞬で気を惹くような華やかなお茶はうるさすぎる。
夜に手が伸びるのはこのお茶。
【丁家老寨青餅2012年プーアル茶】
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
今回はこのお茶をつくった際に取っておいたサンプルの散茶2種を試した。
ひとつは、春の旬の終わりごろにやっと芽を出す大きな茶樹2本だけから採集したもの。これを「A」とする。
もうひとつは、茶樹はとくに選んでいないから、小さめのものが多くて、中には大きいのも混じる。これを「B」とする。
「A」に湯を注いだときに気付いたのだが、香りが立たない。香りがないのか?と思うほど茶の香りがしない。湯が熱くなかったかな?と疑ったが、そんなことはない。ちゃんと熱いし、茶器もしっかり温めた。
「B」に湯を注いだ時には香りが立った。
やはり、若い茶樹のほうが香りが立つのだろうか。
どちらにしても、この数日は個性的な香りのお茶を立て続けに飲んでいて、『丁家老寨青餅2012年』は久しぶりになるから、おとなしく感じる。
口が慣れていないのだろうと思って、しばらく「A」と「B」を交互に飲んでいた。やはり「B」のほうがわかりやすい。そう思っていたら突然に来た。「A」のほうに来た。
鮮やかな色彩が口の中に広がってゆく。とどまることなく無限に広がる。吐く息ごとに香りが増してゆく。
嘘だろう?
湯はすでに冷めてきている。
もういちど熱い湯を沸かして、次の煎を淹れて、確かめるようにして飲んでみる。
やはり香りが立たない。どんなにじっくり抽出しても同じ。しかし、ひと呼吸おいてから口に含むと、また広がる。薫る。こんどは石鹸のような、お茶とは違う香りが薫る。
プーアール茶は「隠」のお茶?
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
次の日、もういちど「A」を確かめてみる。
やはり香りが立たない。でも、もうわかっている。そっちの問題ではなくてこっちの問題。昼の明るい時でも、いろんな音がにぎやかでも、心が静まれば広がる。薫る。聞こえてくる。
ところで、
「A」と「B」の違いが、なぜか今ふとわかったような気がする。
製茶でもない。樹齢でもない。おそらく品種の違いだ。
古く大きな茶樹はずっと以前からこの山にあった在来品種。小さな茶樹に多いのは、おそらく清代になってから持ち込まれた新しい品種。およそ200年前のその時に、この辺りの山には大きな変化があった。200年後の今になってその違いがお茶の味に現れる。
お茶づくりは百年の計。

ひとりごと:
そういえば上海ではよく深夜にお茶していた。
上海は夜。
JAZZBARをはしごしたり、夜中に火鍋をつつきに行ったり。
深夜に帰ってもすぐには眠れないので、お茶をいっぷくする。
ひとりのときもあれば、友人といっしょのときもあった。
上海市内ならどんなに遠くてもタクシーに乗って数百円で帰れるのだから、みんな遠慮なくうちに来た。平日も休日もない。昼も夜もない。ノンストップで上海と付き合っていた。
上海の茶室
茶室はフランス租界の静かなエリアを下に眺める20階にあった。そのへんには感じのよいカフェがいくらでもあったけれど、うちの茶室が最高だった。
ぼんやりした灯りをつけて、格子戸の向こうの高層ビルの点滅や、遠くの幹線道路に流れる車のライトを見る。
湯を沸かして茶を淹れる。
チベット寺院のお香を焚くこともあった。
お茶は、そのときはまだ老茶しか扱っていなかった。
だいたいきまってこのお茶。
【沈香老散茶50年代】
友人と明け方まで語り合ったこともよくあった。けれど、何を話したのか覚えていない。
他愛のないこともあったし、人生の話もあったのだろう。
そんなことよりもたぶん、上海に静かな夜があるということが、僕らには特別に上等だった。
上海にいる人も、東京から来る人も、香港から来る人も、これをいっしょに味わった。

弯弓の野生茶2012年 その1.

製造 : 2012年04月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)弯弓
茶廠 : 瑶族の農家
工程 : 生茶
形状 : 散茶
保存 : 西双版納 密封
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 小さめの蓋碗
西双版納の雨
西双版納の雨

お茶の感想:
朝は晴れていたから農家に電話したら、
「明日にしませんか?」と言われた。
昼前になって大雨。
わかっていたのかな・・・。
いずれにしても雨季はまだ終わらない。急ぐことはない。
試飲しておくお茶がいっぱいある。
今日は過去にアウトレットで販売した『弯弓の野生茶2012年』。
知人の茶荘が今年の春の弯弓の茶葉を餅茶にして崩したサンプルをくれているから、それと比べてみる。
弯弓の野生茶2012年プーアル茶
弯弓の野生茶2012年プーアル茶
弯弓の野生茶2012年プーアル茶
左:『弯弓の野生茶2012年』
右:『知人の茶荘の弯弓のお茶2013年』
味は似ているけれど、香りが違う。
茶荘のは圧餅しているから、それによる変化も考慮しないといけないけれど、それにしても違う。
この香り。
なにかに例えることができないけれど、遠い景色の広がる香り。水墨画の香り。
手前みそながら、
当店のこの弯弓の野生茶はとても良かった。
奥地の比較的海抜の高いところの2本の大きな老茶樹から採取されたものだったと思う。
弯弓といっても3つか4つの山にまたがる広い地域だから、いろいろある。
今数えてみたらこのお茶は5名様しかお求めになっていない。
そのお客様が茶友達と飲まれたとして、例えば3人と飲まれたら、5×3=15人。
5名様の他に15人しか知らない味ということになる。
みんなの知らない秘密の味。
「ホンモノの弯弓のお茶は、美味しいらしい。」
弯弓の秋のお茶を狙っている。
野生茶は一般的には春しか収穫できないけれど、弯弓は違う。
年中霧に包まれるその特殊な気候では、冬のほんの一時期を除いて茶葉が年中育っている。ただ、香りののってくるのはやはり春と秋の旬だけ。秋は雨が多いと香りがのらないから、いちかばちか現地へ行って、農家でその日その日に仕上がる晒青毛茶を試飲するしかない。
良いのがあったら最低5名様分は確保したい。
参考ページ
【弯弓 瑶族の山】

ひとりごと:
弯弓の野生茶2012年
蓋碗を2つも3つも並べて比飲みするのは、
お茶を売る店でも見かけるけれど、お茶を大事にする飲み方ではない。
だから僕がかわりにやっておくのです。
弯弓の野生茶2012年プーアル茶
それでも最後は一対一で。

丁家老寨青餅2012年 その9.

製造 : 2012年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)丁家老寨古茶樹
茶廠 : 農家+漫撒工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納ータイ 茶缶密封
茶水 : チェンコーンの水道水・浄水器・大甕
茶器 : コーヒー用グラスポット500cc
トゥクトゥク

お茶の感想:
タイに移動してから一週間経って、やっと心が静かになってきた。
川に太陽が昇って沈む。
雲が流れて雨が降ってあがる。
宿の前の船着き場の一日が始まって終わる。
そんな繰り返しに呼吸が合ってくる。
食べものが変わって、身体が変わって、思考が変わって、生活にリズムができる。
そうなるまで、どうしても数日かかる。
タイの食べ物
タイの食べ物
タイの食べ物
読書に集中できるようになって、この本。
『柳宗悦 茶道論集』熊倉功夫編 岩波文庫 1987年
今年の春からずっとモヤモヤしていたことが、言葉に置き換わってスッと楽になった。
けれど、本当の理解はこれから。
実践をとおして独自に学んで身になる。血になる。
柳宗悦茶道論集
ところで、
茶の道の理想や美の本質を書いたこの本によると、茶商は「俗の人」になる。
茶葉をお金に換えて稼いでいる。なるべく安く買ってなるべく高く売っている。
そのとおり。
実はお金がいちばん大事と心得ている。
それどころか、見栄や欲のためにお茶を濁す。ときには他人のお茶まで濁してしまう。卑しくて醜くて、お茶の「美」や「価値」を語れる立場ではない。俗に汚れた人なのだ。
しかし、自分はなぜかこの「茶商」というポジションが気に入っている。
「落語とは人間の業の肯定である」
と、立川談志が説いたけれど、まさに他人から見て滑稽なほどに俗で悪で、そんなもんだと図々しく開き直りながらも、「あんなふうにはなりたくないね」と他人に囁かれたら腹が立つ。ま、そのくらいでちょうど良いのだ。と、肯定して自分のあやまちを許してやりたい。
食べるために生きるために殺生をする。それと同じようにあやまちを繰り返すだろう。
お茶を学ぶと、遅かれ早かれ、自分の嫌なところを見てしまう。
もしもそれが他人に指摘されたことなら、頑として受け入れない。それで済む。
けれど相手はお茶。
ほんとうはお茶が語ったりはしないのだから、自ら問うた結果にすぎない。しかし、そこを問うたということは、自分の性分をうすうす気付いていながら、意識が認めようとしていないだけのことかもしれない。辛いながらも真実を見ようとするのは、心の隅のどこかにまだ茶人みたいに美の本質に迫りたいと願う気持ちが残っているからかもしれない。
不完全だから美しい。
お茶は不完全の美を認めている。
その救いがあるから、きびしいようでいてやさしいのだと思う。
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
プーアール茶は不完全なお茶。
古茶樹は品種がバラバラで葉の形も色も味もそろわず、製茶も圧延もムラがあり、つくり手の思うようにキレイにはできないお茶。だから茶商が汚れていても、お茶の真の美しさとは関係がない。
その味をどう見るか、その味のなにを見るか、それはお茶を飲む人ひとりひとりに向けられた課題。
今日は同じ宿に長期滞在しているドイツ人とタイ人の夫婦に、コーヒー用のグラスポットでこのお茶を淹れる。
【丁家老寨青餅2012年プーアル茶】
水の相性が悪いとか、川の流れの引力が邪魔をしているとか、この数日美味しく淹れられない言い訳を吹き飛ばして、びっくりするほど甘いお茶になった。

ひとりごと:
近所の小さなカフェ。
おばちゃんがひとりでやっている。
たいのかふぇ
タイのカフェ
タイのカフェ
川から気持ちのいい風が吹いている。
アイスココアを飲んだ。

丁家老寨青餅2012年 その8.

丁家老寨青餅2012年プーアル茶
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
製造 : 2012年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)丁家老寨古茶樹
茶廠 : 農家+漫撒工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納ー上海 紙包み+竹皮包み
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水 
茶器 : 小さめの蓋碗できっちり

お茶の感想:
ひきつづきこのお茶。
「小さめの蓋碗」+「熱い湯」。
【丁家老寨青餅2012年プーアル茶】
ちょっと茶葉に注目してみよう。
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
繊維の弾力。
茎の丸みと太さ。
肥った新芽・若葉。
茶葉の厚みと横幅。
茎のちょっと赤いのは軽発酵によるもの。

ひとりごと:
また新しく淹れる。
茶葉の量をちょっと減らした。
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
美味い。
熱い湯で攻めた。
手に持ったポットの中がグツグツいうのを静まるのを待って、すぐに注ぐ。
蓋碗の真ん中にまっすぐ湯を垂らす。
「ショボショボ、と、高すぎず低すぎず、細すぎず太すぎず。」
水を騒がせない。蓋碗の中のゆるい対流に茶葉が気持よく浸かる。
茶海に注ぐときも、できるだけ真ん中にまっすぐ垂らして、細すぎず太すぎず。茶杯にも同じ。
とろっとした舌触りの液体ができる。
火の味は透明。姿はなくメラメラと湯の中で燃える。口の中で消える。
さ、酒飲みにゆこ。

丁家老寨青餅2012年 その7.

丁家老寨青餅2012年プーアル茶
製造 : 2012年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)丁家老寨古茶樹
茶廠 : 農家+漫撒工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納ー上海 紙包み+竹皮包み
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水 
茶器 : 小さめの蓋碗できっちり

お茶の感想:
ひきつづきこのお茶。
「小さめの蓋碗」+「熱い湯」。
【丁家老寨青餅2012年プーアル茶】
このお茶は、
過去に何度も自分で淹れているし、
過去に上手な淹れ手のを飲んだことも一度や二度ではないから、
その美味しさもわかっているつもりだ。
そして、このお茶は比較的美味しく淹れるのがカンタンな生茶。
漫撒山の昔ながらの「熟した枝」に育つ大ぶりの茶葉。製茶で少し軽発酵をすすめたこと。これら物理的な要因で、抽出の何秒差がバランスを大きく揺らすことにはならない。
しかし、このお茶は、不味くなるのを恐れる心や、美味しく淹れようとしすぎて自分を誤魔化す心、カンタンだからと油断する心、これら、心のスキマみたいなものを拾ってしまう。
茶人の人はそうはならかなった。
勇気をもって、ありのままに、茶葉を探りながら丁寧に淹れた。
その味は、わざとらしさのない自然な美しさの、野の花そのものだった。
僕が茶人の人よりも美味しく淹れられない理由が、今やっとわかった。
俗に染まった僕の心はすぐにこう考える。
「あの人よりももっと美味しく淹れられる。」
たしかに、もっと甘くしたり、もっと薫り高くしたり、もっと味わい深くすることはできる。一般的に知られている嫌味な味を隠す抽出技術をなぞるだけで、もっとキレイな味になるだろう。このブログでしばらく試みていたように、器や湯の温度を調整するだけで、もっといろんな印象を引き出せるだろう。
そうするほどに、心の醜態をさらけ出して、恥ずかしい結果となる。
お茶を飲む人は、このお茶そのものの美味しさを味わいたいのだから、淹れ手の心で濁す必要はなかったのだ。
この濁りが、わかるひとにはわかる。
いちばんこのお茶をよく飲んで知っている自分で、わかってしまったわけだ。
丁家老寨青餅2012年
今日のは、ちょっとましになった。
静かな美味しさがある。

ひとりごと:
自分が淹れるお茶の味だけでなく、
いろんなことが実は恥ずかしい結果となっているのかもしれない。
まあ、仕方がない。
でも、お茶づくりのほうは大丈夫。
まだ一度も自分の思ったようになっていないから。
「お前は素直じゃないからお茶淹れは無理。お茶でもつくっとけ!」
と、神様が与えてくれたのだなあ。
感謝。

丁家老寨青餅2012年 その6.

丁家老寨青餅2012年プーアル茶
製造 : 2012年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)丁家老寨古茶樹
茶廠 : 農家+漫撒工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納ー上海 紙包み+竹皮包み
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水 
茶器 : 小さめの蓋碗できっちり。

お茶の感想:
茶席でお茶を淹れると、相手が存在している。
相手が見知らぬ人のこともあれば、よく知る人のこともある。
また、気候や天気、朝・昼・晩の時間帯によって相手のコンディションは変わる。
同時に、茶葉にも、器にも、水にもコンディションがある。
もちろん、淹れ手となる人にも。
時間とか空間とか感情とか、いろんな読みをふまえて、正解のない答えを一杯のお茶にして差し出すことになる。淹れ手がそのことをどのように考えていようが、一杯のお茶は静かに語る。
そのお茶の味に、心遣いを感じることや、勇気を感じることや、遊び心を感じることもあれば、頑な心や、傲慢や、小心を見てしまうこともある。
たとえ淹れ手が技術不足でコントロールできないにしても、コントロールしようとする意思を感じることもある。
だから、お茶を淹れるのは心の修行。丁家老寨青餅2012年プーアル茶
一方で、お茶の味のメッセージを受けとめる飲み手にもまた同じようなことが問われる。
茶人の人の茶席を見ていて、そんなことを思った。
これから数日、集中してこのお茶のいろんな顔を見ておこうと思う。
【丁家老寨青餅2012年プーアル茶】
美味しさはひとつではない。
あるひとつの美味しさを主張するよりも、いろんな表情を秘めていて、誰かになにかを静かに語ることのできるお茶。そんな味わいを意識したい。
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
とりあえず今日は「小さめの蓋碗」+「熱い湯」で淹れてみる。
茶器をしっかり温めて、茶葉も蒸らして、水を騒がせないよう蓋碗の真ん中にまっすぐ注いで、しっかり抽出する。
熱すぎる湯のせいか、濃くなりすぎたせいか、1煎から4煎まで、終始火の味がした。杯に口を近づけると、熱気に混じる香りに火が付きそうな雰囲気があった。
口に含むと意外にまろやかな液体だった。でも、やはり火のような香りのせいか、実際の湯の温度よりも熱く感じられる。
その怒り、有難くいただく。

ひとりごと:
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
茶器を温めるための捨て湯をとっておいた湯のみに、濃いのを注いで薄めると、とてもまろやかでジューシーないつものお茶になった。
熱湯のせいかな・・・。
ちょっと手を変えて、もういちど熱湯で試してみる。

孟庫春暁小青餅12年 その2.

孟庫春暁小青餅12年プーアル茶孟庫春暁小青餅12年プーアル茶
製造 : 2012年 4月
茶葉 : 雲南省臨滄市孟庫大戸寨古茶樹晒青茶
茶廠 : 弘徳茶業收茶 永明茶廠加工
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 昆明ー上海 竹皮包み
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水 
蓋碗できっちり。

お茶の感想。
卸売部の『孟庫春暁小青餅12年』を、「大きめの蓋碗」+「ぬるめの湯」で淹れる。
前回の試飲で焦げ味がしたので「おすすめ」から外した。製茶のムラかもしれないが、念のため。
1煎めが大事。
しっかり冷ました湯で洗茶をしてから1煎めの湯を注ぐ。
抽出時間のとり方は、茶葉の質や圧延の固め具合によるから、何秒というふうに特定できない。円盤型の餅茶は円の中心部ほどカチカチに固まるので、崩し所によって微調整したほうが良い。
もちろん、そんなことにこだわらないで、ちょっとずつ違う味を楽しむ手もある。
孟庫春暁小青餅12年プーアル茶
ぬるめの湯では4煎めくらいでやっと茶葉が開くのを目標にして、1煎めから3煎めまでを淹れる。
いずれもあっさり淹れるが、抽出時間はバラバラ。
今回のはカチカチに固まった部分だったので、1煎めが比較的長い時間の25秒となった。2煎めは茶葉が開いてきて12秒。3煎めはさらに茶葉が開いてきて8秒。4煎めからはまたちょっと長くなり15秒、5煎めは20秒、という具合。
今回は5煎めまでポットの湯を再沸騰させなかったので、5煎めに注いだ湯の温度は75度くらいになっていただろう。それでも十分抽出できた。
あっさり淹れると焦げ味はスパイスとなって嫌味ではない。
孟庫春暁小青餅12年プーアル茶
ぬるめの湯で淹れるとフルーティーな香りが強くなる。個人的にこの香りが苦手なので、高温でサッと淹れて緑の芳ばしい香りを立てるほうがこのお茶の場合は良いと思った。

ひとりごと:
そういえば、
「店長のところのお茶はやさしい味のが多い」
と、老茶ばかり扱っていた頃からときどき客様に言われていた。
仕入れの時の試飲にも高温で煎じて先に悪いところを見つけようとするやり方の成果かもしれないと思った。
西双版納の料理西双版納の料理
早く帰ってうまいもん喰いたいなあ。
日本でプーアール茶の生茶がいまひとつ普及しないのは一般的な肉料理が不味いからだ。と、言ってみたい。

丁家老寨青餅2012年 その5.

丁家老寨青餅2012年プーアル茶
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
製造 : 2012年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)丁家老寨古茶樹
茶廠 : 農家+漫撒工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納ー上海 紙包み+竹皮包み
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水 
小さめの蓋碗できっちり。

お茶の感想:
熟成壺に入れて20日間くらい。
小さめの蓋碗でこのお茶。
【丁家老寨青餅2012年プーアル茶】
壺の蓋を空けるときのグァーンと響くのががカッコ良い。
蓋の裏に鼻を近づけるとお茶の香りがしっかり浸透していて、いつまでも消えない。
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
丁家老寨青餅2012年プーアル茶
やはりチョコレート香を感じる。
熟成壺の遠赤外線で「常温の焦げ」がすすんでいるのだろうか。
まろやかで果汁の密度を感じるジューシーな味わい。3煎めから漂う霞のかかった蘭香。
しかし茶気が強い。お酒で言うところのアルコール度が高い。
このところ毎日『漫撒古樹青餅2013年』の「青印」を飲んでいたので(ブログに記録していないところでも飲んでいる)その差が目立った。同じ農地の2012年と2013年だが、茶摘みと製法のちょっとした違いがある。
どちらも軽発酵をすすめた青茶(烏龍茶)寄りのお茶だが、この二つを比べると、このお茶『丁家老寨青餅2012年』は茶葉の茎の部分が少なく、製茶段階での軽発酵(半発酵)が軽く仕上がっている。『丁家老寨青餅2012年』は緑茶寄り、『漫撒古樹青餅2013年』は青茶寄りということになる。
どういうわけか複数のお客様から、まだ10年も経たないくらいの生茶は刺激が強いから、軽発酵をすすめたこれらのお茶はやさしくて嬉しいというようなコメントをいただいた。
昨日の記事でも書いていたが、あまりに暑い日が続いて内臓が疲労してくると、緑茶寄りの生茶の刺激は胃に強すぎる。また、勢いある茶酔いは疲れる。そのへん、青茶寄りの生茶は穏やかに作用するのだ。
青茶寄りの生茶がどのように熟成変化してゆくか?というところがまだ見えていないので、これからじわじわ探ってゆくつもりだ。

ひとりごと:
押し入れから古いものが出て来た。
酒器
熱燗だな。

書呆子月光美人13年 その1.

書呆子月光美人13年プーアル茶
製造 : 2013年 4月
茶葉 : 雲南省臨滄景邁茶山大葉種晒青茶
茶廠 : 思芽蔵香茶業有限公司加工 弘徳茶業出品
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 昆明ー上海 竹皮包み
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水 
蓋碗できっちり。

お茶の感想。
景邁山の白茶『雲南餐月2012年』を飲んだところなので、「卸売部」で過去に出品した『書呆子月光美人2012年』を試す。現在は2013年のを出品中。
おなじく景邁山の茶葉でつくられた白茶製法のはずだが、メーカーは「生茶」と分類している。
「白茶」は製造工程で「揉捻」をしないが、餅茶に圧延加工する際に蒸して固める「水」・「熱」・「圧力」が、揉捻の効果をわずかながら与える。そこがどう現れるのかに注目。
茶店に習ってゆるめの湯を茶海に注いだ。
ところが、茶葉がなかなか沈まなくて、いったん別の茶海に移して、それから杯に注ぐということになった。やはりレンゲでしゃぼしゃぼする動作が必要だった。
書呆子月光美人13年プーアル茶
湯を注いだ瞬間に熟した甘い香りが立って、紅茶そのものになった。
味もやわらかでコクがある。白茶っぽい薬草風味がスパイスになっているが、これで白茶というには無理がある。
「生茶」という分類は細かな定義がないので便利だ。

ひとりごと:
苦丁茶
苦丁茶を飲んだ。
「涼」の効果がある。暴飲暴食で「上火」した身体を冷ます。

巴達古樹青餅2010年 その12.

巴達古樹青餅2010年プーアル茶
製造 : 2010年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県巴達山曼邁寨古茶樹
茶廠 : 農家+孟海の茶廠
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納ー上海 紙包み+竹皮 日本紙箱
茶水 : 京都市水道水+蛇口用浄水器(ブリタ)+銅のやかん
小さめの蓋碗できっちり

お茶の感想:
ひきつづきお客様の「茶の間」
2つ目に選んだのはこのお茶。
【巴達古樹青餅2010年プーアル茶】
自分の泡茶技術では、いまひとつこのお茶の良いところを引き出せていないと感じている。なので良い機会だ。
巴達古樹青餅2010年プーアル茶
くちをつける前の香りからして違っていた。
あきらかに柔らかい。どちらかというと柑橘系の鮮烈な印象が、バニラのように甘くふくよかなものになっている。飲んでみても甘味が強く出て、持ち味の渋味・苦味は一歩下がって奥ゆかしい。もしもブラインドで試飲したら、このお茶と気付かないかもしれない。

ひとりごと:
湯はグラスポットをアルコールランプにかけて保温されている。
巴達古樹青餅2010年プーアル茶
グラスポットの湯の温度は低めの90度くらいだろう。
小さめの蓋碗(さらに温度は低く80度くらいになるはず)でじっくり抽出する効果が、このお茶を甘くしたはずだが、それだけじゃない別の風味が出ている。
直接火にかかったお湯と、電熱ケトルの湯と、温度以外の違いがあるのだろうか?
茶葉の芯のほうの味を引き出す効果が直接火のお湯にあるような気がする。お客様もそのことをちらっと話していた。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM