プーアール茶.com

易武古樹青餅2010年 その5.

易武古樹青餅2010年プーアル茶
製造 : 2010年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山麻黒村大漆樹古茶樹
茶廠 : 農家+易武山の工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 上海 密封
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水
コーヒー用のグラスポットでたっぷり。

お茶の感想:
例えば、
「甘いお茶をつくりました。」
というような作意のはっきりしているのは、飲む人にとっても楽。
見るべきポイントがどこにあるのかを探す必要はないし、自分の好みに合うかどうかの選択でいいし、自分がほんとうはどう感じていようが、それはさておき、客観的にみて世の中がどう評価しているかに頼ることもできる。
しかし、
「甘いも苦いも意識せずにやりました。自分でも甘いのか苦いのかわかりません。」
というような作意の無い、あるいは作意を押し殺したようなのは、飲む人は楽じゃない。他人がどうあれ、社会がどうあれ、自分がどう感じるのかを問われることになるし、さらに、なぜ自分がそう感じたのかというところまで、深くく掘り下げることになる。それは正直言って疲れる。
時間やお金を大事にするためにも、そんな無駄で面倒なことを避けたいので、作意がはっきりすることを求められる。けれど、無駄の価値を落したら、どういうわけか時間やお金の価値も落す結果となった。
資料は残っていないけれど、何百年か前にこの易武山のお茶の、味のもつ相対性について、深く議論されたのではないかと思う。

ひとりごと:
新鮮なイサキは塩で食べる。
醤油の味は邪魔になる。
イサキの刺身

易武古樹青餅2010年 その4.

易武古樹青餅2010年プーアル茶
製造 : 2010年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山麻黒村大漆樹古茶樹
茶廠 : 農家+易武山の工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 上海 密封
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水
コーヒー用のグラスポットでたっぷり。

お茶の感想:
お茶づくりで、
甘味を求めたのに消えない苦味。
清淡を求めたのに消えない雑味。
濃厚を求めたのに消えない無味。
芳香を求めたのに消えない煙味。
ほんとうは求めていなかったはずのものがむしろお茶の味の魅力をつくる。
味の創造は空振りしているけれど、それでいいのだ。
つくる人がその無力感をしっかりと受け止め、飲む人はその仕事ぶりを評価する。
古い銘茶には、人間らしさについて人々の熟考した痕跡がある。

ひとりごと:
大鍋でつくるあら炊き。
あら炊き

易武古樹青餅2010年 その2.

易武古樹青餅2010年プーアル茶
製造 : 2010年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山麻黒村大漆樹古茶樹
茶廠 : 農家+易武山の工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 上海 密封
茶水 : 日本静岡県御殿場市富士山の伏流水ペットボトル
蓋碗できっちり淹れる。

お茶の感想:
苦い。
鈍くて強い苦味が舌に残ってゆっくり溶けてゆく。
甘くなるのは一晩寝てから。夢見ているうちに苦いのが甘いのに変わる。

ひとりごと:
しぼりたて吟醸酒。とこぶしのあっさり煮。
しぼりたて吟醸酒

易武古樹青餅2010年 その1.

易武古樹青餅2010年
製造 : 2010年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山麻黒村大漆樹古茶樹
茶廠 : 農家+易武山の工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 上海 密封
茶水 : 日本静岡県御殿場市富士山の伏流水ペットボトル
蓋碗できっちり淹れる。

お茶の感想:
シャネルNo19。
この数日飲んでいた生茶とは異質な香り。
このお茶は「ゆれ」が大きいので、たまたま手元の一枚は香りがちょっと尖っているのだけれど、農地とじっくり付き合ったら、どの品種、どの斜面、どのタイミング、と、香りの根源を突き止められると思う。

ひとりごと:
キルケニーは泡が香る。
キルケニー

巴達古樹青餅2010年 その5.

巴達古樹青餅2010年プーアル茶
製造 : 2010年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県巴達山曼邁寨古茶樹
茶廠 : 農家+孟海の茶廠
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納ー上海 紙包み+竹皮 日本紙箱
茶水 : 日本静岡県御殿場市富士山の伏流水ペットボトル
蓋碗できっちり淹れる。

お茶の感想:
6煎めくらいでようやく茶葉がひらく。
だんだん抽出に時間がかかるようになり、淡くなるが、それでも渋味・苦味の姿勢は崩れない。輪郭が存在感を保つので、液体から味わいが消えない。
揉捻は一煎ごとに出る味を均質化する効果がある。煎がつづく理由がそこにある。
2010年はかんばつで、早春の茶葉はとくべつ濃厚な成分を宿したと思うが、濃厚だから煎がつづくとは限らない。

ひとりごと:
カレイはえんがわの柔らかい骨を噛む。
鰭のところの焦げはスパイスになる。
カレイ

巴達古樹青餅2010年 その4.

巴達古樹青餅2010年プーアル茶
製造 : 2010年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県巴達山曼邁寨古茶樹
茶廠 : 農家+孟海の茶廠
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納ー上海 紙包み+竹皮 日本紙箱
茶水 : 日本静岡県御殿場市富士山の伏流水ペットボトル
蓋碗できっちり淹れる。

お茶の感想:
さっきの『賀開村古茶樹の散茶2012年』と比べて揉捻の効果に注目してみる。
やはり揉捻には華やかさを抑える効果がある。
主張しない香り。
シャキッとしてだらけない旨味。
4煎め5煎めになっても崩れない姿勢。
底のほうにあって浮き上がらない渋味・苦味。
口にずっと余韻を残して後から後からあふれでてくる茶気。
武士道のようにまっすぐ男前なお茶。
味の好みは思想にかかわるのだ。

ひとりごと:
にごり酒も辛口。
にごり酒は辛口

益木堂那カ古樹純料茶10年 その4.

益木堂那カ古樹純料茶10年プーアル茶
製造 : 2010年3月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県孟宗山那カ寨古茶樹小葉種
茶廠 : 農家+益木堂
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納景洪市乾倉
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水 
蓋碗できっちり淹れる。

お茶の感想:
タイの水から日本の水に換えて、那カのお茶をもういちど試す。
見違えるほどすばらしい。
マスカットのような甘い香りが抑えられて、ミントを齧ったような草っぽさが出ている。
お茶の香りを鼻で吸って感じるのではなくて、お茶を飲んだ後の吐く息のほうにそれを感じる。(生茶のプーアール茶は「吐く息の香り」のほうをみることが多い。)
そして苦い。苦味が軽快で上等。やはりこれも高温炒りの成果だと思う。
雲南緑茶にも似た雰囲気があるが、もっと重みがあり、ずっと底の深いところから昇ってくるなにかがある。

ひとりごと:
醸し人九平次 純米大吟醸 別誂
うまいお茶を飲むとうまい酒が飲みたくなる。
酒のつまみにお茶。お茶うけに酒。
みがきにみがいたような酒はとくに、珍味で口を濁すよりはお茶でさっと洗うのがよい。

巴達古樹青餅2010年 その3.

巴達古樹青餅2010年プーアル茶
製造 : 2010年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県巴達山曼邁寨古茶樹
茶廠 : 農家+孟海の茶廠
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納ー上海 紙包み+竹皮 日本紙箱
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水 
蓋碗できっちり淹れる。

お茶の感想:
高温炒りがうまくゆくと雑味を残さない。
このお茶はサッと湯を切り淡いくらいが美味しい。
煮出して色がしっかり出ると、甘味に渋味・苦味が勝てなくなる。
6煎も7煎もしてゆくと茶湯の色は薄くなるけれど、液体にはしっかりした存在感があって、まだいくらでもイケる気がする。

ひとりごと:
鮒鮓は、お土産ではなく自分で食べるのなら、卵のない雄で十分。安いから。発酵がしっかりしたものは硬いひれの部分に魚の嫌な臭いが残っていないと思う。ちょっと高くてもやっぱり老舗の店はハズさない。
鮒鮓

巴達古樹青餅2010年 その2.

巴達古樹青餅2010年プーアル茶
製造 : 2010年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県巴達山曼邁寨古茶樹
茶廠 : 農家+孟海の茶廠
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納ー上海 紙包み+竹皮 日本紙箱
茶水 : 日本京都御所周辺の地下水
蓋碗できっちり淹れる。

お茶の感想:
水や茶器が変わったが、
一煎めの「砂噛み味」がここでもある。(嫌な味ではない)
三煎めくらいからそのクセはなく、甘いお茶になる。ちょっと油断して煮出してしまうと甘すぎるくらいになる。
はじめのクセのある部分と、抽出されて出てくる強い甘味と、もうちょっとうまく混ざるように淹れ方を調整するとすばらしくなる。これをピタッと合わせたいから蓋碗の出番。

ひとりごと:
タイの空港の近くのレストランで魚のすり身を揚げた料理を注文。
ソースは甘酸っぱ辛いやつ。衣にまでやや甘い味付け。
全体的に甘味が強すぎて締りがないが、上に乗せてある皮つきライムの薄切りをいっしょに齧ると、強い酸味と苦味で甘味が相殺され、隠れた塩味が利いてくる。ピリピリの唐辛子に「シーシー」言いながらビールがすすむ。
食材は違えど、この味の構成がタイ北部のいろんな料理にある。甘くて辛くて涼しい。
タイ北部の料理

巴達古樹青餅2010年 その1.

巴達古樹青餅2010年プーアル茶
製造 : 2010年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県巴達山曼邁寨古茶樹
茶廠 : 農家+孟海の茶廠
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 西双版納ータイ北部の町 紙包み+紙箱密封
茶水 : メコン川の水道水を浄水器に通して甕に溜めたもの 
コーヒー用のグラスポットでたっぷりつくって水筒に入れる。移動中に飲む。

お茶の感想:
口に含んだとたん砂を噛んだみたいな味がしてびっくりした。
2杯めからは普通のお茶になった。
昨日までの華やかな那カの味とのギャップでそう感じたのだろう。
3杯4杯と飲んでゆくほどに調子を上げてするする喉をとおる。
高温で炒ったことによる風味だと思う。同じ茶葉の2009年の餅茶があったが、これよりも甘く濃い感じの風味だった。
風味を閉じ込めたような印象の高温炒りによる仕上がり。よいと思う。

ひとりごと:
移動のバスの屋根。
巴達古樹青餅2010年プーアル茶巴達古樹青餅2010年プーアル茶
延々とメコン川流域の穀倉地帯をゆく。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM