プーアール茶.com

刮風生態青餅2018年 その7.

製造 : 2018年4月11日・13日(采茶)
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)刮風寨小茶樹
茶廠 : 店長と茶友たち
工程 : 生茶
形状 : 餅茶180gサイズ
保存 : 熟成壺
茶水 : 京都の地下水
茶器 : チェコ土の茶壺・茶杯 鉄瓶+炭火
茶器

お茶の感想:
眠りに入るときに、脳が先に夢を見だしている。
まだ完全には寝ていないから意識はある。手足を動かそうとしたら動く。
しかし、手足に意識を向けたとたんに夢は消える。
お茶の夢を見たいなら、香りや味を追いかけないこと。
森の生態環境のよいお茶を選ぶこと。
1杯か2杯飲んだら、森の気が身体に流れる。
夢を見るように身をまかせて漂う。
酔うがままになる。
黄昏時にこのお茶。
+【刮風生態青餅2018年】
茶葉
若い茶樹なので、煮やさないほうがよい。
ペタンと平たい茶壺か、蓋碗にしたほうが無難だけれど、その逆をゆくチェコ土の重たい(厚みがある)茶壺にした。
白い色ので淹れてみたかったのだ。
汚れた身体をキレイにするつもり。
注ぎ
煮えないようにやさしく、低い位置から注ぐ。
工夫といったらそのくらい。
熱湯の温度を下げるのはあまり好かない。沸いている湯のイキイキした感じを茶葉に伝えたい。
注ぎ
水にいちばん近いお茶。
熱々なのになぜか冷たい口感。
ほんのり桃っぽい香りの他には姿が見えない。
味がしないのではなくて味が見えない。
茶湯
これといった旨味もなければ、気に障る濁りもない。
溶けて消える雪のよう。
透明度の高い湖の底を覗いたときに、自分が水面より上にいるのか下にいるのかはっきりしないような、吸い込まれてゆくような、あの浮遊の感覚。
お茶の酔いが回っている。
刮風寨古樹の緑印や黄印よりも、無い味という観点では美しい表現かもしれない。
舌にくる美味しさを期待したら、期待ハズレになる。
そこに意識を向けたら酔いが覚める。
電灯をつけないまま、暗くなってゆく夜を味わう。
夜の茶壺
鉄瓶

ひとりごと:
酒の酔いはみんなでシェアしたいけれど、茶の酔いはひとりがいいな。
オフラインでいいや。

武夷福大紅袍2019年 その1.

製造 : 2019年春
茶葉 : 福建省武夷山市度暇区九龍湾
茶廠 : 福建省武夷福茶業有限公司
工程 : 烏龍茶・大紅袍
形状 : 散茶
保存 : 真空パック
茶水 : 京都の地下水
茶器 : チェコ土の茶壺・茶杯 鉄瓶・炭火
鉄瓶

お茶の感想:
古い鉄瓶。
友人に貸したら、2回使っただけなのになんとなくやつれている。
よく見たら、内側の底のところが若干焦げている。
すぐに返してもらった。
内側の漆
内側に漆の加工がしてある。
入手したときに内側が錆びて傷んでいたので、知り合いの職人に頼んで漆を塗りなおしてもらったのだった。それから2年ほど使い込んで、水のミネラルが漆や鉄と融合して、虹色の皮膜をつくっていた。
虹色が消えてしまった。
2年かかって育てた虹色の皮膜。また一からやりなおし。
貸した友人はふだんから鉄瓶を使っていて、慣れているのだが、古い鉄瓶の個性まではわからない。
使った後に熱で乾かすときに、ちょっと温度が高すぎたのだろう。
この鉄瓶は、専門家に見てもらったら、底を換えたような補修跡が見つかった。高い技術で修理されている。
前に所有していた人が大事にしていたのだ。
そんな人がこの鉄瓶を手放すわけないから、多分亡くなったのだろう。
遺族がおじいちゃんのガラクタを処分して、自分の手元に来た。と、想像する。
千鳥
波の上を飛ぶ千鳥の図がかすかに見える。ひかえめすぎる装飾がまたいい。
自分も死ぬまで大事にする。
遺言に、誰に譲るのか書いておいたほうがいいな・・・。
さて、今日は貰いもののお茶。
大紅袍。
大紅袍
大紅袍
言わずとしれた福建省烏龍茶。岩茶の最高峰。
上海の大老板が茶山を数年間契約して、良いとこ取りをしたらしい。
中国はギフトの習慣があるので、お茶好きの老板が自慢をかねて高級茶を贈ることがある。
しかし、貰いものに良茶なし。
高級茶といってもギフトはそこそこの量をつくる。たぶん数十キロ以上。
なので、采茶のタイミングは摘み手の手配など経済的な都合が交じるし、つくる人の手は失敗なく重労働をいかに省力化するかという効率優先になる。
「お茶を煎るこの一鍋に、神様が下りてきますように・・・」緊張に震えて祈りたくなることなんてないだろう。
泡茶
飲んでみたらあんがい良い。甘い。香りもよい。
しかし、2煎めから渋味が出てきて、3煎・4煎ともっと渋味が立つようになった。舌にヒリヒリが残る。体感はザワザワして落ち着かない。
こんなものかもしれない。岩茶を知らないので比較のしようがなく、どの程度かわからない。
お茶を淹れる自分の気持ちが足りない。
人の顔が見えないお茶。
マネキンの美人みたい。
どこに個性があるのか、どこがカッコイイのか、どこが可愛いのか、どこが残念なのか、なにを得るためになにを失ったのか、鑑賞のポイントを知らない。
大金のかかった茶葉をタダでもらったのだから喜べ!
と言われても、どんな顔をして喜んでいいのかわからないから目の下の筋肉がヒクヒクする。
それでも、このお茶、また飲んでみようと思う。
あと3泡分ある。
自分で鑑賞のポイントを見つけてやる。

ひとりごと:
ん?
葉底
ブレンドしてる?
ま、ギフトだから。
良い思っているのは贈り主だけだから。

丁家老寨紅餅2019年・秋天 その2.

采茶 : 2019年11月19日
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)丁家老寨古茶樹
茶廠 : 農家+店長
工程 : 雲南紅茶
形状 : 餅茶
保存 : 茶箱
茶水 : 京都の地下水
茶器 : 保温ボトル 鉄瓶+炭火

お茶の感想:
夕方から山。
道
お茶
マグカップ
このお茶。
+【丁家老寨紅餅2019年・秋天】
鮮烈な香り。
目が開く。
光が鮮やかになる。
遠景
月

ひとりごと:
このお茶ができてから、もうすぐ半年になる。
予定どおり出品する。

版納古樹熟餅2010年 その44.

製造 : 2010年7月
茶葉 : 雲南省西双版納州巴達山曼邁寨+章朗寨古茶樹2009年秋茶
茶廠 : 農家+孟海県の茶廠
工程 : 熟茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 熟成壺
茶水 : 京都の地下水
茶器 : チェコ土の茶壺・チェコ土の杯・鉄瓶+炭火
茶器

お茶の感想:
このお茶。
+【版納古樹熟餅2010年】
最近、濃いのを飲んでいる。
くすりのつもり。
濃い
3煎で出しきるくらいじっくり蒸らす。
湯を注いで、茶壺の表面がカンカンに熱くなってからゆっくり冷めてきて、指をあてても平気なくらいまで待つ。
発酵がしっかりしている熟茶は、濃くなっても味は淡くて透明。水質はとろんとしているのに清らかな舌触り。
熟成がすすむほどより清くなる。
10年熟成の清らかさ。
20年めが楽しみ。
薄い
4煎めには色が出なくなる。
そのくらい3煎めまでをじっくり蒸らしたということ。
お茶をくすりにしたいとき、お茶の毒を意識して摂取する。
毒がどのように身体に良いのかなんて知らない。
けれど、経験的に毒が必要なのはわかっている。
毒を嫌っちゃいけない。知識で白黒をつけたら利用できなくなる。バランスが崩れる。
どのくらいまで自分の身体はいけるのか。
飲んだ後の身体の変化に注意する。
例えば自分の場合、日本酒なら1合。ワインなら2杯くらい。ビールなら1本くらい。
そのくらいが酔い心地よく、気持ちよく眠れる量。
そんな感覚で、お茶の量にも見当をつけるべし。
日本酒

ひとりごと:
今日も山行くかな。

曼晒古樹青餅2017年 その3.

采茶 : 2017年04月12日
茶葉 : ミャンマーシャン州 チャイントン
茶廠 : ミャンマー布朗族の農家
工程 : 生茶のプーアール茶
形状 : 散茶
保存 : 西双版納 陶器の壺
茶水 : 西双版納のミネラルウォーター
茶器 : 保温ボトル 鉄瓶+炭火
森
空

お茶の感想:
山歩き。
このお茶。
+【曼晒古樹青餅2017年 その1.】
茶
茶酔いの波がゆったり大きい。
茶樹が大きい。森が深い。人間があまり触らないできた。
などの効果。
街

ひとりごと:
山歩きの効果なのか、坐禅の余韻なのか、とくに話したいことがない。

易武古樹青餅2010年 その41.

製造 : 2010年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山麻黒村大漆樹古茶樹
茶廠 : 農家+易武山の工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 茶箱
茶水 : 京都の地下水
茶器 : 保温ボトル 鉄瓶+炭火

お茶の感想:
山歩き。
根
倒木
折れる
1年か2年前の台風で倒れた樹々。
今日はこのお茶。
+【易武古樹青餅2010年】
濃くしすぎたのを飲む。
空
渋み
強烈なのに涼しい。
滝に打たれた感じ。
このお茶は水の気。水の炎。
冷たい水を浴びた後の身体になる。
空

ひとりごと:
お茶の効果にはタイムラグがある。
飲んだ後に、しばらくしてから身体が楽になったり気分がよくなったりしても、すでに時間が経っているからそれがお茶の効果であることを気付かない。
気付かないから利用できない。
ま、それでいいけどな。

丁家老寨青餅2012年 その18.

製造 : 2012年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)丁家老寨古茶樹
茶廠 : 農家+漫撒工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 上海 紙包み 竹皮包み
茶水 : 京都の地下水
茶器 : 保温ボトル 鉄瓶・
樹
森

お茶の感想:
お茶を飲む前にわざわざ汗をかく。
そしたら若い生茶の濃いのが飲める。
ガツンとしたやつをガブガブ飲める。
飲んでも飲んでも茶毒に当たらない。寒くなったり、眠れなくなったりしない。
お茶ファンの夢が叶った。
茶湯
このお茶。
+【丁家老寨青餅2012年】
保温ボトル2つ。
ひとつはいつもの濃さ。
もうひとつはかなり濃いめ。苦くてバランスが悪い。
比べてみたら、山の上ではかなり濃いめのが美味しい。
バンザーイ。
長め
帰り道

ひとりごと:
春の茶摘みの第一波終わる。
やはり現場に行かないとつまらない。
自分が楽しめなかったら、仕事ってなんなの?
というくらい社会性のない仕事なのだよな。

易武古樹青餅2010年 その40.

製造 : 2010年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県易武山麻黒村大漆樹古茶樹
茶廠 : 農家+易武山の工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 茶箱
茶水 : 京都の地下水
茶器 : 保温ボトル 鉄瓶+炭火

お茶の感想:
今日はこのお茶。
+【易武古樹青餅2010年】
蹴上
疎水
鳥居
社
灯籠
階段
道
道
椿
倒木
頂上
林を抜ける
光
茶
緑
火どこ
眺め
石
石垣
道
哲学
屋根
柱
門
水道
帰り
くぐる
美術館
鴨川
くもりのち晴れ

ひとりごと:
太陽がふんわり暖かかった。

南糯蜜蘭青餅2013年 その9.

製造 : 2013年4月
茶葉 : 雲南省西双版納州孟海県南糯山老Y口寨古茶樹
茶廠 : 農家+漫撒工房
工程 : 生茶のプーアル茶
形状 : 餅茶
保存 : 茶箱
茶水 : 京都の地下水
茶器 : 保温ボトル 鉄瓶・炭火
茶器
鉄瓶
雨
おうちゃ

お茶の感想:
朝から雨。
雨音を聴きながら紅茶。
山は明日かな・・・と思っていたら、だんだん明るくなってきた。
行ってみるか。
雨に濡れた山道。石。苔。気になる。
保温ボトルにお茶を淹れる。
保温ボトル
今日はこのお茶。
+【南糯蜜蘭青餅2013年】
南糯山の煙味が霞む山に重なる。
蹴上
蹴上
木々
花
お水
竹
水
森
シダ
林
水
霧
霧山
街
茶
街
階段
火床
苔
門
門
夕焼け
南禅寺
夕暮れ

ひとりごと:
山は静かかと思っていたら、小鳥たちがにぎやかだった。
霧が肌に冷たくて、ちょっと寒くて気持ちよかった。

刮風八樹青餅2018年 その2.

製造 : 2018年4月11日・13日(采茶)
茶葉 : 雲南省西双版納州孟臘県漫撒山(旧易武山)刮風寨茶王樹
茶廠 : 北京の茶友と瑶族の農家
工程 : 生茶
形状 : 餅茶192gサイズ
保存 : 茶箱
茶水 : 京都の地下水
茶器 : チェコ土の茶壺・杯 鉄瓶・炭火
竹
雨
石

お茶の感想:
このお茶。
+【刮風八樹青餅2018年 その1.】
餅茶
一煎めは白泥の茶壺を試したが、土味が強くてダメだった。
この茶壺は入手してからほとんど使っていない。
茶葉で煮て開壺はしたけれど・・・。失敗だったかな。
鉄瓶
いつものチェコ土の茶壺に茶葉を移してつづき。
いち
にい
三煎まで土味がついてきた。
四煎めからキレイになった。
雨がやんで日が射してきた。
茶湯
それならこれはどうだ。
義興の朱泥の秋水(という種類の土で焼いたもの)に茶葉を移して、瓶掛の脇でちょっと温める。
鉄瓶
注ぎ
茶湯
水の質感。お茶の韻。
細かいツブツブの輪郭がはっきりしていて、何層にも深くて、柔らかくて、ゆらぐ波がゆったりしている。
チェコ土のはもっと直線的で、入り口はあっさり。さざ波のような騒がしさがあるけれど、残像のようにさざ波が残って忘れようにも忘れられない刺激がつづいて、出口がない。

ひとりごと:
ぼーっとして言葉が出ない。
坐禅した後のような感じ。
あっち側から戻ってくるのにちょっと時間がかかる。


茶想

試飲の記録です。

・キーワード検索

・カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

・表示されている記事

・お茶と年代のカテゴリー

・記録

お茶の歴史
お茶の歴史 (JUGEMレビュー »)
ヴィクター・H・メア,アーリン・ホー

・サイトリンク

・プロフィール

 

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM